しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
21世紀版少年少女古典文学館(3) 落窪物語
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

21世紀版少年少女古典文学館(3) 落窪物語

  • 児童書
著者: 氷室 冴子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年11月
ISBN: 9784062827539

四六判
292ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

継母にいじめられるおちくぼ姫の運命は?
けなげすぎ……ちくちく、毎日頑張ってます。
辞書なしで、古典の名作がラクラク読める!

『落窪物語』は、
早くに母を失った姫君が、継母にいじめられ、苦労しながらも、やがてすばらしい貴公子とめぐりあい、幸せを得る物語である。このストーリーの基本的なパターンは、シンデレラに代表されるが、古来、世界各地で作られ、今に語り継がれている。平安時代に書かれたこの物語も、みやびな恋物語というより、生身の人間の喜怒哀楽を興味深く描いた大衆文学として、長く読み継がれ、語り継がれてきたロングセラー小説の1つである。

名作古典文学を21世紀の少年少女たちに!読みやすいふりがな、カラーさし絵、本文中の豊富な用語解説で、日本の古典文学にはじめて出会う少年少女の理解を助ける古典文学全集の決定版です。

ベストレビュー

読みやすく面白い

氷室冴子さんの「落窪物語」。
姫様が継母にいじめられ、苦労しながらもすてきな貴公子にプロポーズされて幸せになる平安朝版シンデレラといった感じのお話です。
もともと知っているお話ではありますが、分かりやすく面白く書かれているのでおすすめです。
「中納言」「北の方」といった言葉にもしっかりと注釈が書かれているので、小学生でも問題なく読めますよ。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子3歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


氷室 冴子さんのその他の作品

なんて素敵にジャパネスク 1



『まるさんかくぞう』『いっこさんこ』 <br>及川賢治さん(100%ORANGE)

21世紀版少年少女古典文学館(3) 落窪物語

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット