しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
21世紀版少年少女古典文学館(14) 太平記
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

21世紀版少年少女古典文学館(14) 太平記

  • 児童書
著者: 平岩弓枝
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「21世紀版少年少女古典文学館(14) 太平記」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年01月
ISBN: 9784062827645

四六判
294ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

動乱の南北朝時代を描いた軍記物語
やるなあ……楠正成って、天才かも。
辞書なしで、古典の名作がラクラク読める!

『太平記』は、
その題名とはうらはらに、南北朝の時代を中心とする、半世紀にわたる混乱と戦乱を書きつづった軍記物語である。鎌倉幕府の14代執権北条高時は、政治をかえりみず、後醍醐帝はひそかに討幕を図る。動乱の火ぶたは切って落とされ、あいつぐ戦乱のなかで、数々の英雄が生まれ、それぞれの野望、うらぎり、対立が、次の戦を生む。こうした動乱の時代を記しながら、平和を願い、国を治める者の、あるべき姿を説いた『太平記』は、後世の文学、演劇等に大きな影響をあたえながら、読みつがれていく。

名作古典文学を21世紀の少年少女たちに!読みやすいふりがな、カラーさし絵、本文中の豊富な用語解説で、日本の古典文学にはじめて出会う少年少女の理解を助ける古典文学全集の決定版です。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

平岩弓枝さんのその他の作品

うらしま



第12回 『あったかいな』の片山健さん

21世紀版少年少女古典文学館(14) 太平記

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット