宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
それはひ・み・つ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

それはひ・み・つ

  • 絵本
作・絵: エリック・バトゥー
訳: 石津 ちひろ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「それはひ・み・つ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年09月
ISBN: 9784062626064

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

無邪気で、素直で、正直で、愛嬌たっぷりのこねずみに、すっかり魅了されっぱなしでした。――石津ちひろ

とっても、すてきなりんごを見つけた、こねずみ。そーっと、土のなかにうめちゃった。「なにをかくしたの?」って、だれがたずねても……、こねずみは、「それは、ひ・み・つ」としか、答えません。
――BIB(ブラチスラバ)世界絵本原画展グランプリ受賞作家が描く、色鮮やかな絵本!

ベストレビュー

単純だけどイイ

土の中にかくしたネズミ君だけの秘密のりんご。
誰に尋ねられても、嬉しそうに秘密と答えるネズミ君。
同じやり取りが続きますが、一つだけ違っているのは隠した秘密が成長していく様子。
秘密が秘密じゃなくなる過程に子供は大はしゃぎです。
シンプルだけど、楽しいストーリーは小さい子供から楽しめると思います。
(ねこよんよんさん 40代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エリック・バトゥーさんのその他の作品

かあさんあひるのたび / やっと みつけた のら犬ヨハンのおはなし / 太陽のしずく / ちいさな ぽむさん / スガンさんのヤギ / すいようびくんの げんきだま

石津 ちひろさんのその他の作品

きょうがはじまる / すなのたね / 京都 和のなぞなぞ絵本 / シルクロードのあかい空 / はるなつあきふゆの詩 / はじめてのがっこう



なかやみわさん×絵本ナビ代表・金柿秀幸 対談インタビュー

それはひ・み・つ

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?

パパの声 1人

パパの声一覧へ

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット