もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
「ぼくら」シリーズ(9) ぼくらの修学旅行
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

「ぼくら」シリーズ(9) ぼくらの修学旅行

  • 児童書
著: 宗田 理
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年03月
ISBN: 9784591096765

中学生〜
サイズ:19.5cm x 13cm
ページ数:260ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

中学三年になり、クラスに転校生がやってきた。
聴覚障害をもつ佐山は、急だったため修学旅行に参加できない。
そこで「ぼくら」は佐山のために、「自分たちだけの修学旅行」を計画することに。
受験勉強にかこつけて避暑地でサマースクールを開催させ、
途中で抜け出して思いっきり楽しもうとひそかにもくろんだ。
しかし、「黒い手帳事件」で大恥をかかされたヤクザが、復讐をはかって「ぼくら」を追う。
バスごと谷底に突き落とされかけた「ぼくら」は、無事に生還できるのか!?

ベストレビュー

殺し屋再び

政界の黒さが記された「黒い手帳」がついに世に。「ぼくら」は以前、戦った殺し屋たちに命を狙われ、誘拐されてしまいます。
さよさんとの別れ、聴覚障害のある転校生 佐山くんの加入、英治や久美子が家の事情で遠くへ引っ越してしまう!?等々、盛り盛りの内容でした。
ハラハラドキドキなお話です。
中学3年となって、「ぼくら」も離れ離れになってしまうと考えるとさみしいですね。みんながずーっといつまでもいっしょに!ってことはなかなか難しいのでしょうが。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

宗田 理さんのその他の作品

ぼくらの無人島戦争 / (23)ぼくらの魔女戦記III 黒ミサ城脱出 / 2年A組探偵局 ぼくらとランドセル探偵団 / 2年A組探偵局 ぼくらのロンドン怪盗事件 / (22)ぼくらの魔女戦記II 黒衣の女王 / ぼくらの(秘)学園祭



『おいしそうなしろくま』柴田ケイコさんインタビュー

「ぼくら」シリーズ(9) ぼくらの修学旅行

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット