しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
「ぼくら」シリーズ(10) ぼくらの(秘)学園祭
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

「ぼくら」シリーズ(10) ぼくらの(秘)学園祭

  • 児童書
著: 宗田 理
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「「ぼくら」シリーズ(10) ぼくらの(秘)学園祭」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年03月
ISBN: 9784591096772

中学生〜
サイズ:19.5cm x 13cm
ページ数:260ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

中学三年の二学期。学園祭での「ぼくら」の演し物は、「赤ずきん」に決まった。どうすればおもしろくできるかと知恵をしぼるなか、相談にのっていた登校拒否の女の子が、精神病院に送られてしまった。なんとか彼女を取り返そうとする一方で、「ぼくら」はテレビレポーターの矢場から預かったイタリア少年、ヴィットリオにからんだ絵画贋作事件に巻きこまれ、イタリアマフィアと対決することに。少女の奪還、そして学園祭はどうなるのか、「ぼくら」のチームプレーが冴えわたる!

ベストレビュー

おおいそがし

学園祭で『赤ずきんと七人の小人たち』の劇を計画したり、いじめで登校拒否になった少女を助けようとしたり、イタリア人の少年をマフィア(!?)からかくまったり…といそがしいぼくらです。
見事それらを解決してしまうのがさすがですね!
中学3年生ということもあって、内申点をわりと気にしているシーンがちらちら。彼らってこわいもの知らずに見えるのですが。
「いい仲間さえいれば、学校は楽しいところだよ」というセリフは本当にその通りだと思います(学校以外でも)。
いい仲間ってすばらしいものですね。英治たちは進路等で別れてしまってもずっといい仲間でいてほしいです。きっと大丈夫!と私は思っています。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

宗田 理さんのその他の作品

ぼくらの無人島戦争 / (23)ぼくらの魔女戦記III 黒ミサ城脱出 / 2年A組探偵局 ぼくらとランドセル探偵団 / 2年A組探偵局 ぼくらのロンドン怪盗事件 / (22)ぼくらの魔女戦記II 黒衣の女王 / ぼくらの(秘)学園祭



音楽家の両親をもつ「ぼく」の心のものがたり

「ぼくら」シリーズ(10) ぼくらの(秘)学園祭

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット