ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
華々しき鼻血
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

華々しき鼻血

  • 絵本
著: エドワード・ゴーリー
訳: 柴田 元幸
出版社: 河出書房新社

本体価格: ¥1,300 +税

「華々しき鼻血」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2001年11月
ISBN: 9784309265032

B5変形 64ページ

関連するスペシャルコンテンツ


翻訳者 柴田元幸さんにインタビューしました!

出版社からの紹介

はてしなく編まれるマフラーや、だらしなく供されたプディングを絶妙の副詞で捉えたアルファベット・ブック。副詞にかつてない最大級の栄光を与えたゴーリーらしい言語感覚が光る大傑作。

華々しき鼻血

ベストレビュー

副詞が主役!

アルファベット・ブックを得意としているゴーリーにとって、これは5番目の作品なのですが、
他の作品では、名詞をABC順に使っているのに対し、この作品ではなんと
副詞を使っているのが特徴なんです。

「あてどなく」「きもそぞろに」「ねちねちと」などといった、副詞が主役の文が、
独特の絵とともに出てきて、それがまたなんのこっちゃわからない、意味不明の
状況だったりするので、思わず「プッ」と吹き出してしまうのです。

日常生活ではあまり使わないような副詞や、個人的に聞いたことの無い
副詞も出てきたので、そういう副詞を使った文を読むことがなんだか凄く
新鮮に感じられ、ゴーリーらしい言語感覚を垣間見た気がしました。

ちなみに、本のタイトル「華々しき鼻血」は、本の内容とは全く関係が無いようです(笑)
是非、副詞に注目して読んでみて下さい。
(どんぐりぼうやさん 30代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

エドワード・ゴーリーさんのその他の作品

キャッツ ポッサムおじさんの実用猫百科 / むしのほん / 蟲の神 / 悪いことをして罰があたった子どもたちの話 / 輝ける鼻のどんぐ / ジャンブリーズ

柴田 元幸さんのその他の作品

ふつうに学校にいくふつうの日 / 三つの金の鍵 魔法のプラハ / おぞましい二人 / 題のない本 / まったき動物園 / 弦のないハープ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

華々しき鼻血

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット