もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
ルーレとミーチャ 〜ドナウのきしべ〜
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ルーレとミーチャ 〜ドナウのきしべ〜

  • 児童書
著者: ニコリック鈴木美香子
出版社: 牧歌舎

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年04月
ISBN: 9784434178290

B6

出版社からの紹介

内戦が続いた旧ユーゴスラビア。夫がのびのびと育った故郷の小さな村も、すでに荒廃の中にあった。この悲しみの現実を共有しながら、家族と共に確かな幸せの日々を積み重ねてきた著者が、子どもに語りかける物語。

ベストレビュー

わたしのパパのお話です

これは、わたしのママが書いた本だと思うと、なんだかふしぎな感じがします。

そして、これは、わたしのパパが子どものころのお話だと聞いて、わくわくしました。
わたしは、まだパパが生まれた国に行ったことがありません。

しゅじんこうのルーレは、山が青々と広がっているところに住めて、
すてきだなと思いました。
がちょうのたまごは、どんなあじだったのかな?
私だったら、オムレツじゃなくって、たまごやきにします。
パラチンケは、とってもおいしそうで、読んでいてよだれが出てきそうでした。

ワインにするぶどうを、ぐちゅぐちゅと足でふむのも楽しそうでした。
うちの犬は、いたずらでどうしようもないけれど、その仕事だったら、役に立つと思います。

ルーレがねむってしまって、がちょうのミーチャがいなくなっていたときは、
どうなるんだろうと、ドキドキしました。
ミーチャは自分で家に帰ったなんて、サルと同じくらいりこうだなあ、と感心しました。
「いたずらミーチャめ!」ってルーレは言ったけど、
「おやすみ、ぼくのともだち」と言ったところは、わたしも心がほかほかしました。
お母さんが、「ミーチャを売らない」と言ってくれたことは、感動しました。

わたしも、いつかパパの生まれた村に行ってみたいです。
そして、がちょうに、口ばしでかまれたいです!
パパは、こどものころ、「犬よりもがちょうにかみつかれるほうが、こわかった」と
言うけれど、大げさに言っているのか、どれくらいいたいのか、
自分でたしかめてみたいな、と思います。

おじいちゃんのかいた絵は、がちょうが上手だと思いました。
わたしもいつか、こういう心があったかくなるような絵をかいてみたいです。

(天使のケーキちゃんさん 10代以下・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

ルーレとミーチャ 〜ドナウのきしべ〜

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット