ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ベーシック絵本入門
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ベーシック絵本入門

編著: 生田 美秋 石井 光恵 藤本 朝巳
出版社: ミネルヴァ書房

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年04月30日
ISBN: 9784623064335

B5 234ページ

出版社からの紹介

現在、絵本に関心をもつ人が増え、絵本に関する本も次々に出版されている。
しかし、絵本研究の方法に関する本はいまのところ出されていない。また物語やテキストそのものの分析はなされているが、イラストの研究はあまりなされていないのが現状である。
本書は、絵本を総合的な視点からとらえた本邦初の入門書である。絵本を基本から学びたい人、絵本の愛好家、必携の書。
[ここがポイント]
◎図版を豊富に掲載し、楽しみながら学べるようレイアウトを工夫
◎側注スペースには用語解説やクロスレファレンスなどを入れ、理解をより深めることができる
◎読者の関心をひくコラムを適宜配している
◎巻末資料では絵本に役立つ情報を多数収録

ベストレビュー

絵本を分析してみれば

少し絵本学のような本ですが、絵本を様々な角度から分析していて面白く読みました。
あまり理屈にとらわれると堅苦しくなってしまいますが、身近な絵本をジャンル考察してみたり、絵の描かれ方を考えると、本選びも楽しくなるかも。
「名作絵本から学ぶ」の章で、解説されている絵本は身近なものばかりでした。
いろんな角度で考察した絵本と、体験的に良いと思う本が、共通しているのだと再確認しました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

藤本 朝巳さんのその他の作品

たのしい どうぐばこ / リンゴのたび / 宝島 / ヘンゼルとグレーテル グリム兄弟の童話から / まあ、なんてこと! / おとうさんの庭



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

ベーシック絵本入門

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット