大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
そらのうえ うみのそこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

そらのうえ うみのそこ

  • 絵本
監修: 長沼 毅
絵: 大橋 慶子
出版社: TOブックス

本体価格: ¥1,500 +税

「そらのうえ うみのそこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年03月31日
ISBN: 9784864721097

A4判上製 21.0cmX29.7cm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

タテに開いて大迫力! 前からも後ろからも読める!宇宙から深海まで、自然と生命の営みが一冊で分かる画期的な絵本!

主人公のタケシ君は、探索機「インディー号」に乗って、宇宙から深海へ、深海から宇宙へと旅をします。そこには、様々な自然現象や生物がいっぱい!
国際宇宙ステーション、人工衛星、流れ星、オーロラ、スプライト、エベレスト、東京スカイツリーと広がる空から、サメ、ウミガメ、マンボウ、ダイオウイカ、そして奇妙な姿の深海魚たち、海底火山、さらには海の最深部まで。
さあ! タケシ君と一緒に、宇宙と地球を探検しよう!


「タテにめくれば 地球のふしぎがいっぱいだ! 空の上から 海の底まで 探検しよう!」──長沼毅(科学界のインディ・ジョーンズ)

「このすばらしい冒険は夢じゃないんだ。長沼先生はホントに実行する気なんだよ!」──荒俣宏(作家・博物学者)

ベストレビュー

勉強になります。

8歳長女に借りてきました。「そらのうえ うみのそこ」というタイトル通り、宇宙から深海のことまでわかりやすい絵で描かれています。楽しみながら、知ることができる絵本です。親の私でも、へぇと思いながら読んでいました。ダイオウイカの天敵がマッコウクジラっていうのにも驚きました。クジラの骨が深海にすむ魚たちの餌になることにもびっくり!親子で「なるほどー」と楽しめる絵本です。
(きーちゃんママさん 30代・ママ 女の子8歳、女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

長沼 毅さんのその他の作品

宇宙人っているの? / ポケット版 「なぜ?」に答える科学のお話100 / ココリコ田中×長沼毅presents 図解生き物が見ている世界 / 深海生物大百科 / 「なぜ?」に答える科学のお話366 / 極限世界の生き物図鑑



第12回 『あったかいな』の片山健さん

そらのうえ うみのそこ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット