すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ペッテルとロッタのぼうけん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ペッテルとロッタのぼうけん

作・絵: エルサ・ベスコフ
訳: ひしき あきらこ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年9月30日
ISBN: 9784834017557

読んであげるなら・5・6才から
自分で読むなら・小学低学年から
関連
みどりおばさん、ちゃいろおばさん、むらさきおばさん
ペッテルとロッタのクリスマス
ちゃいろおばさんのたんじょうび
あおおじさんのあたらしいボート

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

 みどりおばさん、ちゃいろおばさん、むらさきおばさんと一緒に暮らすようになったみなしごの兄妹のペッテルとロッタは、向かいの家のあおおじさんに、人には心から親切にするものだ、と教えられます。そこで、ふたりは、おばさんたちが馬車で市に行っているあいだに、子ねこをせんたく女のクリスティンばあさんにあげようと出かけます。  ところが、帰りに荷車に乗せてもらったばっかりに、ふたりは道に迷って、家に帰れなくなってしまいます。  人々の暮らしや森の様子などがしっとりとした筆致で描かれて、見る人をゆったりとした楽しい気分に誘います。そして、なによりもストーリーが面白いのです。  ペッテルとロッタは、大変な思いをした後、ついにはおばさんたちと再会できるのですが、それは、なんとサーカスのテントのなかだったのです!  スウェーデンの絵本作家エルサ・ベスコフ(1874-1953)の代表作「3人のおばさん」シリーズの2冊目です。

ベストレビュー

少し長いおはなしを楽しむきっかけになった

長女が幼稚園の年中の頃この本に出会い、以来「3人のおばさんシリーズ」が大好きになりました。長女が、絵を楽しむ絵本から、少し長いおはなしを楽しむ物語に好みが移行するきっかけとなった本ともいえます。
3人のおばさんと一緒に暮らすみなしご兄妹のペッテルとロッタが、向かいの家のあおおじさんに「人には心から親切にするものだ」と教えられ出かけるところから、ふたりの冒険がはじまります。右と左を間違えたり、服をなくしてはだかになってしまうなど、次々起こる事件にハラハラドキドキ。
おばさんやおじさんたちから怒られるのを恐れるふたりの不安な気持ちが、読んでいる私たちにも移ってきて、なんだか最後までドキドキ胸をならしながら読みました。
このあと、長女はこの「3人のおばさんシリーズ」を読破し、何度も読むことになります。でもやはり、このお話が一番好きなようです。
(クッチーナママさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子4歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エルサ・ベスコフさんのその他の作品

カイとカイサのぼうけん / 雪のおしろへいったウッレ / クローカ博士の発明 ベスコフ童話集 / きみ どこへゆくの? ―スウェーデンの子どものうた― / おひさまがおかのこどもたち / あおおじさんのあたらしいボート

ひしき あきらこさんのその他の作品

ぼくのあかいボール / おにいちゃんが いるからね / フローラのにわ / うみのおいしゃさんモグローせんせい / ぼくは、おうさま! / プップー!



『海を飛ぶたね』<br> 暁ーAkatsuki―さんインタビュー

ペッテルとロッタのぼうけん

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット