しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【出産のお祝いに】絵本みたいなカタログギフト「おめでとセレクション」
死
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

  • 絵本
写真: 宮崎 学
出版社: 平凡社

本体価格: ¥4,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「死」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年11月
ISBN: 9784582529364

B4

出版社からの紹介

命あるものが必ず迎えねばならない死。自然の中で、生から死へのドラマが常にくりひろげられている。カモシカやタヌキなどが死によって大地に帰る姿に輪廻転生を見る異色の写真集。

ベストレビュー

生きとし生ける物の最後

ニホンカモシカ・ニホンジカ・タヌキの死の写真集です。巻頭の”輪廻転生”目を背けてはならない、とおもいながらファインダーをのぞいていた。花が曲がると思われるほどの死臭が漂う事も有り、ハエのうじが体皮をやぶってわきだしてくることもある。怯むことなく見つめていると、そこには不思議なドラマが展開されていた。「死は生の出発点である」私は自然の新しい摂理を生き物たちから学んだ。とそのまま転記させて頂いたのはこの本を「気持ち悪い」「怖い」「見たくない」と目を背けて欲しくない為にも私のヘタな寸評を書くよりも説得力があると思い手助けしてもらいました。確かに、醜い死骸など見たくない、見せたくないと思うやもしれません。でも自然界では生きるいづれは死を迎える。当たり前の営みであり、嫌が応でも認めなければならないのです。覚悟入りますが、写真家の覚悟と決心、忍耐力を存分に感じ、貴重なドキュメンタリーを体験出来る素晴らしい写真集だと思います。小学生の息子は題名でまずは敬遠していましたが、見た後、静かに本を閉じ「大人にお勧めだな」と。うーん、そうか。巻末までも大人にお勧め、とします。
(1姫2太郎ママさん 40代・ママ 女の子19歳、男の子17歳、男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


宮崎 学さんのその他の作品

クマのすむ山 / 森の写真動物記 8 肉食獣 / 森の写真動物記 7 草食獣 / 樹洞 / 森の写真動物記(4) 亜熱帯の森 / 森の写真動物記(3) ワシ・タカの巣



『ダイズマンとコメリーヌ』 <br>中川ひろたかさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット