貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
このよで いちばん はやいのは
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

このよで いちばん はやいのは

  • 絵本
作: ロバート・フローマン
絵: あべ 弘士
訳: 天野祐吉
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年01月
ISBN: 9784834026061

5才から6才向き
ページ数: 28
サイズ: 26X24cm
かがくのとも 2006年4月号

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

カメとウサギが競走します。どっちが速いかな? 答はウサギ。それじゃあ、ウサギより速いのは? チータ。チータより速いのは?ツバメ。ツバメより速いのは、新幹線、飛行機、音、地球の自転、人工衛星、地球が太陽のまわりをまわる公転。いや、この世で一番速いのは、光だ。いや、光よりもっと速いものがある。それは……?

このよで いちばん はやいのは

ベストレビュー

小学四年生の読み聞かせしました。

小学四年生の朝の読み聞かせで読みました。
巻末に書いてある速度を紙に書いて準備しておき、お話に合わせて黒板にはっていきました。 すると、だんだんと数字が大きくなるにつれ、「オオッ!!」 と歓声があがりました。

丁度、大きな位の数や、地球の自転・公転の事を学んでいたところだったので よいタイミングでした。
(あつこ51さん 40代・ママ 男の子9歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あべ 弘士さんのその他の作品

クマと少年 / 紙芝居 チンパンジーのおんがくかい / あべ弘士どうぶつクイズ教室 / 大造じいさんとがん / 自分におどろく / 手おけのふくろう

天野祐吉さんのその他の作品

ぬくぬく / のぞく / 絵くんとことばくん / ぼくのおじいちゃんのかお / ぼく、だあれ / くじらのだいすけ



20か国以上で大反響!プログラミングの魔法の世界へようこそ

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット