貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
紙芝居 のはらにね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 のはらにね

脚本・絵: ひろかわ さえこ
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「紙芝居 のはらにね」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年04月
ISBN: 9784494091560

3歳〜
判型/サイズ
B4判/26.5×38.2cm
頁数:8場面

出版社からの紹介

のはらにね、こうさぎがきてきょろきょろきょろ。小さなお花を一輪みつけたよ。
こだぬきの兄弟も、お花をたくさんみつけたよ。うれしくてぽんぽんぽこぽこ ぽこぽこぽん。
みんなが一緒に、春をよろこびあいます!

ベストレビュー

春におすすめ

2歳7か月の息子に図書館で借りて読んであげました。

初めて紙芝居を借りてきたのですが、話の内容が気に入ったのかそれとも紙芝居が珍しいからなのか、何回か読んで欲しいと持ってきました。

野原にこうさぎが来て、小さなお花を一輪みつけたよ。
こだぬきの兄弟も、お花をたくさんみつけたよ。みんなが一緒に春の訪れを喜びます。
今の季節にぴったりのお話です。
(ポン太さん 30代・ママ 男の子2歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ひろかわ さえこさんのその他の作品

ぞろりぞろりとやさいがね / わかってるもん / まーだだよ / あと、いくつ? / みかんちゃん / ばななちゃん



お子さんと一緒にお鼻のしくみを考えてみませんか?

紙芝居 のはらにね

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット