となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
紙芝居 ぼくくもくもをひろったよ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 ぼくくもくもをひろったよ

脚本: 長井 理佳
絵: いしい つとむ
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年03月
ISBN: 9784494091553

4・5歳〜
判型/サイズ
B4判/26.5×38.2cm
頁数:12場面

出版社からの紹介

こぐまがひろった、小さくてまっ白でふんわりしたもの。雲からおちてきたのかな? 
考えながら歩いていたら、赤ちゃんを抱いた人間のお母さんに出会います。
「この子のくつが脱げてしまったの。見なかった?」こぐまはもじもじ。
こぐまは、人間の赤ちゃんをはじめて見るのです。
「それ、ちいさい?」「ええ。この子がはじめてはいたくつなの」
こぐまと人間の赤ちゃんのふれあいをとおして、成長のよろこびを描いた紙芝居です。

ベストレビュー

タイトルで選びました

くもくもって何だろう、雲の仲間かな?

とっても気になったので読んでみました。

雲みたいにフワフワしている白いかたまりを拾った

小ぐまのお話です。

ここから赤ちゃんとママが出てきますが、

どうしてこの親子が出てくるのかと不思議でした。

この紙芝居のねらいは成長のよころびだそうです。

読み終わってなるほどな・・と思いました。
(ジョージ大好きさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

長井 理佳さんのその他の作品

まよいねこポッカリをさがして / 黒ねこ亭とすてきな秘密 / 黒ねこ亭でお茶を

いしい つとむさんのその他の作品

ばあばは、だいじょうぶ / うれしいやくそく / ふたごのどんぐり / はなねこちゃん / 紙芝居 おたんじょうびおめでとう / またおいで



エルメス家がお手本!正しいマナーを身につけましょう

紙芝居 ぼくくもくもをひろったよ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット