ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
紙芝居 くらべっこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 くらべっこ

脚本: 有吉 有巳子
絵: やべ みつのり
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「紙芝居 くらべっこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年02月01日
ISBN: 9784494091522

3歳〜
判型/サイズ
B4判/26.5×38.2cm
頁数:8場面

出版社からの紹介

く〜らべっこ、くらべっこ。どっちが大きいかな?「くらべっこ」は楽しいね。
くーらべっこ、くらべっこ。どっちがどっちがおおきいか?
幼い子どもたちが大好きな「くらべっこ」あそび。
せのたかさ、おなかのおおきさ…思いつくままにくらべていきますが、
自分たちよりも小さな赤ちゃんに出会うことで、
「あかちゃんって、かわいいね。おおきいのも、ちいさいのもいいねえ。」と、最後には納得します。
幼児の「くらべっこ」遊びでは、勝ち負けを競うのではなく、遊び自体を楽しみます。
「くらべっこ」を通じて友だちとの関わりを楽しみ、幼児なりに自分の個性を発見していきます。
著者である有吉有巳子さんが、子どもたちとの関わりから着想した紙芝居。

ベストレビュー

くらべること

比べるということ。

時には難しいことだと思います。

たとえば友達と背くらべをして、僕のが低い・・・と

卑下してしまったらダメですが、楽しく比べっこ

できるならそれも悪くないと思います。

それぞれが得意なものがある、みんないろいろだと

いうことがホントのテーマみたいです。

納得できるお話でした。
(ジョージ大好きさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


やべ みつのりさんのその他の作品

紙芝居 ぼくの め / 紙芝居 ひろしとひまわり



2歳からの日本語エンターテイメント第2弾は、つけたし+

紙芝居 くらべっこ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット