くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ひつじかいとうさぎ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひつじかいとうさぎ

  • 絵本

作品情報

発行日: 1975年

3才から
こどものとも 1975年9月号

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

羊飼いは、森でつかまえたウサギが囲いをぬけだし森に逃げたので、追いかけていきました。出会ったオオカミにウサギを捕まえてくれと頼みますが、オオカミは「自分でつかまえな」と知らんぷり。次に会ったこん棒にオオカミを殴ってくれと頼んでもだめ。火にこん棒を焼いてくれといってもだめ。川も、ウシも知らんぷり。でもクマは……。スズキコージの「こどものとも」デビュー作です。(「こどものとも」234号)

ベストレビュー

他力本願の迫力絵本。

逃げたうさぎを追いかけるひつじかい。
通りすがりのオオカミに「うさぎをつかまえてくれ」と頼む。
オオカミに「自分でつかまえな」と断られると、
出会うもの次々にあれこれと頼む、また頼む。
ひつじかいの他力本願が突き進み、巡り巡るお話し。

うちださんの見事な再話のリズムが楽しいです。

そしてスズキコージさんの絵が、なんと言っても素晴らしい。
迫力満点で、絵本を飛び出すかのようなスケールの大きさ!
それでいて、細部までも楽しめます。

手元に置いて、何度でも読みたくなる絵本です。
(ちゅら。さん 40代・ママ 男の子14歳)

出版社おすすめ


うちだ りさこさんのその他の作品

ねことおんどり / どこへいってた? / でてこい ミルク! / カーニバルのおくりもの / おんどりとぬすっと / みかづきいちざのものがたり

すずきこうじさんのその他の作品

ねこねこやなぎ



『星のゆうびんやさん ハイタツマン』「アキレスケンさん」 インタビュー

ひつじかいとうさぎ

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 1
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4



全ページためしよみ
年齢別絵本セット