ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
モクレンおじさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

モクレンおじさん

作: 田島 征三
写真: 酒井 敦
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥390 +税

「モクレンおじさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年07月

5才から6才向き
こどものとも 2005年7月号

出版社からの紹介

モクレンの実が地面に落ち、だんだんと集まって、なんとモクレンおじさんが生まれた! 散歩に出かけたおじさんが、森で歌うと、歌から子犬が生まれた。おじさんが喜んで子犬と遊んでいると、子犬が海で波にさらわれ……。変幻自在摩訶不思議な木の実の物語。

ベストレビュー

木の実のおじさんだけど楽しそう

「こどものとも」592号です。次男が幼稚園でもらってきました。
木蓮の実でできたモクレンおじさんの冒険の物語で、実際に実で作ったモクレンおじさんを写真で写した絵本です。
モクレンおじさんが途中で出会うこいぬは赤い木の実で出来ていて、元々はモクレンおじさんの歌の音符だったのが、変身しました。そして最後は二人とも、また違うものに変身します。
木の実を並べ替えることによって、動きのあるおじさんとこいぬの姿が出来上がり、普通の絵とは違った不思議な雰囲気を醸しだしています。モクレンおじさんには、目も口もないのに、なんとなく楽しそうとか悲しそうとか伝わってくるのが面白いですね。
次男がお気に入りでよく読んでと持ってきます。身近な材料で面白いものができるので、見ていて楽しいようです。
「モクレンおじさんのうた」の楽譜も最後のページに乗っていて、チャレンジしてみる価値あるかもしれません。
(金のりんごさん 40代・ママ 女の子11歳、男の子8歳、男の子6歳)

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

田島 征三さんのその他の作品

もりモリさまの森 / オオカミのはつこい / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(7) 古田足日子どもの本 / かとりせんこう / やぎのしずかのしんみりしたいちにち / トペラトト



2016年に発売された絵本で好きな絵本は?

モクレンおじさん

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22




全ページためしよみ
年齢別絵本セット