だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
牧師館の殺人
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

牧師館の殺人

  • 児童書
作: アガサ・クリスティ
訳: 茅野美ど里
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年04月
ISBN: 9784036525201

小学5・6年生から
サイズ(判型)19cm×13cm
ページ数428ページ

出版社からの紹介

牧師館で大佐が殺され、容疑者がつかまった。だが、大佐の妻も自首をして、事件は二転三転する。ミス・マープルが挑む最初の事件。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アガサ・クリスティさんのその他の作品

ポプラポケット文庫 オリエント急行殺人事件 / なぜエヴァンズにいわない?

茅野美ど里さんのその他の作品

エアーマン / 風の少年ムーン / ぼくだけの山の家 / 偕成社ミステリークラブ(3) だれかがよんでいる / アクロイド殺人事件 / 検察側の証人ほか(アガサ・クリスティ推理コレクション5)



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

牧師館の殺人

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット