しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
九九をとなえる王子さま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

九九をとなえる王子さま

  • 絵本
作: はまの ゆか
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年06月15日
ISBN: 9784251098658

幼児から
A4判 31cm
40ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

小学生になると必ず訪れる関門、「九九」の暗記!
でもかけ算って、すごく身近なところで使われていて、ないとすごく困っちゃうってことは知っていた?
だから、どうせなら楽しく呪文みたいに唱えながら覚えちゃった方がいいよね。
はまのゆかさんが、こんな絵本をつくってくれましたよ。

主人公は、数字の国のかける王子。
かける王子は王子だというのに、算数が大っきらい。
「九九 九九 、数字の国からなくなれ ほいさっさ〜」
でたらめの呪文で唱えた魔法が、大成功!
大変、九九ははるかかなたの数字の森へと消えていきました。
かけ算がなくなるとどうなるの?
どうやら執事が困って、広場のお店屋さんが困って、お客さんとのケンカも始まって・・・。
大混乱が起きているようです。
さあ王子、九九を取り戻すために「数字の森」のとびらに書かれた九九を全て唱えてこなければいけませんよ!!
ここからは、読んでいる子どもたちにも手伝ってもらいながら進みます。
まずは1のだんから・・・。

小さな声でもいいし、歌うようでもいい。力強くさけんだっていいよね。
こんな風に絵本の中のかける王子と一緒に九九を覚えられるなんて。いいな、いいな。
はまのゆかさんの絵もすごく素敵で、堅苦しい算数の本っていう雰囲気がないのも新鮮なのです。
見返しにはかけ算表、カバーは九九のポスターに。まるごと1冊、使い切ってくださいね。
これから算数の世界へ入る子どもたちにとって、強い味方になってくれそうです。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

九九をとなえる王子さま

出版社からの紹介

数字の国のかける王子は算数が苦手。魔法でかけ算を消してしまうが、町は大混乱に。取り戻すには、九九をぜーんぶ唱えなければ!

ベストレビュー

小学校低学年にはいいですね!

7歳小学校1年生の娘が図書館で自分で選び一人読みしました。
数ヶ月後には九九を覚えることになるでしょうから,絵本から入っていくのもいいものだな〜と思いました。
苦手意識になることなく楽しく九九を学びはじめてほしいです。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


はまの ゆかさんのその他の作品

つきみだんご / ママが10にん!? / へたなんよ / やだやだパパやだ! / 小学校の生活 / ココアラ



『にんじゃかぞえうた ひみつのてがみじゃ!』 さいとうしのぶさんインタビュー

九九をとなえる王子さま

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット