だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ミノルまるみなみのしまへ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ミノルまるみなみのしまへ

  • 絵本
作・絵: 油野 誠一
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

ベストレビュー

想像の世界でみなみの島へ

ミノルくんとイヌのセラは南の島を目指して
ヤシの実  ♪名も知らぬ〜 遠き島より ながれよる ヤシの実 ひとつ♪〜 
こんな歌が、聞こえてくるようです

ミノルくんは大海原へ (きれいね 海です)
大きな船が 
油野さんの絵は きれいで 太陽がキラキラしていて 躍動感があるのです 花火のような夢のような世界です
大きなクジラが  海がキラキラ輝いています
みなみの島は めずらしい はな ちょう くだもの ヤシの実 
ごくらくちょうが飛び回っているんです
わあ きれいな 世界だな〜

夢の世界はたのしいな〜

油野誠一さんの後書き  彼の中学生の頃、友達とみなみの島に行きたいと話しているのです。 彼がなぜ、みなみの島にあこがれたか 
裸で のんびりと 過ごせると 思ったそうです
本当に人間が生きている中で、忙しくあくせく働いている毎日 果たして人間の本当の生き方だろうかと 改めて考え直していると有りました

私もそう考えるときが有ります 共感します

夢はいいな〜
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

出版社おすすめ


油野 誠一さんのその他の作品

まじょのおとしもの / まじょのくに / シャカ / カールくんのおまつり / カッパのカールくん / 銀の小箱・詩のえほん みてみたい



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

ミノルまるみなみのしまへ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット