ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ネバーギブアップ!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ネバーギブアップ!

  • 児童書
作: くすのき しげのり
絵: 山本 孝
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年06月26日
ISBN: 9784092897373

A5判変形
128頁

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


遊びに来てくださいました!

みどころ

意気ほとばしる接戦!にらみあう二人の男の子の気迫が表紙からびしびし伝わってくるこちらの本は、くすのきしげのりさんの新作よみもの。臨場感あふれる山本孝さんが描く表紙を目にした途端、すぐにページをめくりたくなってしまうこちらは、いったいどんなお話なのでしょう?

主人公ジュンのクラス四年三組では、「うでずもう」がはやっています。九月のある日、十月十日に行うクラスのイベントを決める話し合いで、「輝け第1回四年三組うでずもうナンバー1決定戦」が開催されることが決まりました。クラスのみんなが盛り上がる中、ジュンだけはため息をついてゆううつな気持ちです。なぜならジュンは「うでずもう」が弱いのです。そんなジュンに放課後、担任の山下先生が大会の日まで毎朝一緒にトレーニングしないかと提案します。

来る日も来る日もたとえどしゃぶりの雨がふっても、公園で待っていてくれる先生。トレーニング内容は、ランニング、腹筋運動、うで立てふせ、けんすいなど…。
そしていよいよ迎えた「うでずもうナンバー1決定戦」の日、1度もクラスメートに勝ったことのないジュンは、どこまで勝ち進むことができるのでしょうか。

2013年度の課題図書になっているくすのきさんの絵本『メガネをかけたら』でも、子ども達思いの素敵な先生が何人も出てきましたが、今回登場する山下先生のしっかりと丁寧に子ども達に向き合う姿には、読者である私たちも頼もしい気持ちになり、強く励まされる思いがします。また山下先生だけでなく、家族の在り方や、先生と親との信頼関係など、子ども達の身近にいる大人の姿勢が、子ども達の心の成長に大きく関わっている気がしてなりません。それを感じるのは、お話の最後の最後に描かれる「うでずもう大会」から二十年後の四年三組再会の場面。そこには、ジュンと私たち読者が新たに知ることになる驚きの事実が待っているのですが、心が震えると同時に今目の前にいる子ども達に何ができるかという事を考えさせられます。

なかなか自分に自信が持てない子ども達と、そんな子ども達の挑戦を願う大人の方へ、また教室で先生が子ども達に読んであげるのにもおすすめの1冊です。


(秋山朋恵  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

うでずもう大会に向けて猛特訓が始まる!

 弱虫で泣き虫のジュンは、何事にも自信のない少年でした。ある日、クラスで「うでずもう大会」をすることになりました。ジュンはうでずもうが大の苦手、一度も勝ったことがありません。そんなジュンを見て、担任の先生が「毎朝特訓をしよう」と提案します。お姉ちゃんは、最初は続くわけないと馬鹿にしましたが、一緒に付き合ってくれることになりました。いよいよ、三人の特訓が始まります。
 さて、ジュンは、最後まで特訓を続けることができるのでしょうか。そして、本当に強くなれるのでしょうか?

編集者からのおすすめ情報

 心に残る作品の多い作家くすのきしげのりさんの児童読み物です。2012年10月、毎日新聞大阪本社版朝刊「読んであげて」に連載された作品に加筆し再構成してまとめました。「こんな先生がいたらいいな」と連載中も大好評でした。学校内でいろいろな問題が起きる昨今、このような作品が待望されていたのだと思います。また、「あきらめなければ、きっとかなう」という、こどもたちへの熱いメッセージのこめられた作品です。

ベストレビュー

子どもたちより小学校の先生に

表紙絵から物語の子どもたちの「熱さ」を感じることができる作品です。
作者のくすのきしげのりさんも、挿絵の山本孝さんも、今を時めく児童書・絵本界の人気作家のおひとりなので、この表紙を見たとき、すごいタッグだなと、思いました。

“腕相撲”って、日本ではメジャーでゃない競技というイメージを持っていましたが、こうして改めて見ると、やっぱりスポーツの一種だったんだなと、感じました。

この作品の面白いところは児童書としては珍しく、最後に20年後の同窓会のシーンが描かれていることでしょうか。
担任の先生とマンツーマンで「腕相撲の特訓」をしてもらっていたことについて、当時、クラスメートが不平不満をもらさなかった理由が明らかにされます。
改めて、こういう熱血先生って、いいなぁ。こういう先生に出会えた子どもたちって、先生を習って、素敵な大人になるんだろうなぁと、思いました。
いろいろ難し時代ですが、この本は児童書ではありますが、子どもたちより、小学校の先生に読んでもらって、参考にしてもらいたいと思います。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子19歳、女の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

くすのき しげのりさんのその他の作品

おにぼう / 「ごめんなさい」が いっぱい / ぼくのにいちゃんすごいやろ! / みてろよ!父ちゃん!! / 三年一組、春野先生!三週間だけのミラクルティーチャー / ニコニコ・ウイルス

山本 孝さんのその他の作品

アカンやん、ヤカンまん / しんかい たんけん! マリンスノー / アブナイおふろやさん / おばけのきもだめし / 学校ななふしぎ / はのはのはなし



第12回 『あったかいな』の片山健さん

ネバーギブアップ!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット