なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
がちょうになったむすめ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

がちょうになったむすめ

  • 絵本
作: ドミートリー・ナギーシキン
絵: ゲンナーディ・ドミトリエヴィチ・パヴリー
訳: 宮川やすえ
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥930 +税

「がちょうになったむすめ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

2編の民話。どちらも人の欲の話。

1980年代に日本で出版されている本です。図書館で見つけて借りてきたのですが、かなり年季が入っていました。

再話者のD・ナギーシキンはシベリア生まれで、ジャーナリストとして働きながら、その地方の民話を収集してきたそうです。
一方、挿絵を描かれているゲンナーディ・バヴリシンはハバロフスク市生まれで、この絵本の副題には『アムールの民話』とあるのですがハバロフスク市はアムール川を中心に栄えている町で、、まさにこの物語の地方で育った方です。

表題作のほかにこの本には『きんのくびわ』という話が載っています。
『がちょうになったむすめ』は自分があまりに美しかったため“自己愛”欲が強く、いつしかガチョウの姿に変わってしまったという話で、
『きんのくびわ』の方は、自分の富を愛するあまり、自ら大切な息子を殺す羽目になってしまった男の話。
どちらも人の強欲を伝えた話で、とてもロシアっぽい民話だなと、思いました。
アムール川はどちらかといえば日本に近い、ロシアの極東地方なので、美的感覚や文化的感覚もほかのロシアの物語に比べ、日本人の感覚と似ている気がします。
とにかく、ゲンナーディ・バヴリシンの挿絵はとても繊細で美しく見ごたえがあります。
1編1編とても短いお話なので、小学校の低学年くらいのお子さんからでも十分読めると思います。
絵の好きな方、昔話の好きな方にはぜひ手にしてもらいたい1作です。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子18歳、女の子13歳)

出版社おすすめ


宮川やすえさんのその他の作品

マーシャとババヤガーのおおきなとり / おんどりとえんどうまめ / ひよこ / 世界の名作12 森は生きている  / わがままこやぎ / ちいさなお城



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

がちょうになったむすめ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット