庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
ウリオ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ウリオ

  • 絵本
文: 室井 滋
絵: 長谷川 義史
出版社: 世界文化社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年07月25日
ISBN: 9784418138203

26.0×21.0cm 36ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ある日、ある一軒の家にイノシシの子どもウリ坊がやってきた。名前はウリオ。
最初は家の中で飼われていたが、どんどん体が大きくなって、庭で飼われることに
なってしまう。ウリオは、悲しみの末、山に戻ることにする。ところが・・・。動物と人間の
絆を描く、実話を元にしたハートウォーミングなお話です。作者は、人気女優・室井滋。
絵は、大人気絵本作家・長谷川義史。

<編集者からのコメント>
最初は小さくて、可愛かったウリ坊のウリオ。姿は大きくなっても、心の中は小さい頃のまま。
動物と人間の関係について考えさせられるハートウォーミングな絵本です。
最後は、ほろり。。。。泣かされますよ。

ベストレビュー

ウリオと家族の気持ち

室井滋さんと 長谷川義史さんの絵本は
絶対いいものにちがいないと思い、
図書館で見つけた時に すぐに借りよう!と手に取りました。

室井さんの作品は、
子ども目線で、
今回もイノシシ目線でその心の動き、
感情がすごくわかりやすく共感が持てる内容でした。

そして長谷川さんの絵と組み合わさって、
絵と文から ストーリーの展開に引き込まれました。

私も正直 動物の中では
イノシシは嫌いだし 怖いし
被害のニュースを聞くと いい印象は全くありませんでした。

でもイノシシの立場、気持ちになってみれば
人間の都合にイヤな思いをしていたことでしょう。

ウリオと登場人物とのやりとりは
ほのぼのとしたラストで
期待どおりの
作品でした。
(koyokaさん 50代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。

室井 滋さんのその他の作品

いとしの毛玉ちゃん / しげちゃんとじりつさん / チンチンボンボさん / きらきらは・は・歯 / しげちゃん

長谷川 義史さんのその他の作品

じてんしゃのほねやすみ / みつけてん / 天女銭湯 / 大さわぎ!ばけもの芝居と白いねこ / たこやきのたこさぶろう / にゃんことわんことあかずきんちゃんとびっくりたまごとオオカミ、そんでもっておばあちゃんのタンス



風変りで美しい表現方法がたくさん!

ウリオ

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.42

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット