もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
7月のおはなし 七月七日はまほうの夜
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

7月のおはなし 七月七日はまほうの夜

  • 児童書
作: 石井 睦美
絵: 高橋 和枝
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「7月のおはなし 七月七日はまほうの夜」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年05月
ISBN: 9784061957442

サイズ:A5判
ページ数:79

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

毎月読みたい、季節にぴったりの童話たち──シリーズ「おはなし12か月」

現代を代表する一流童話作家の書きおろし。
物語の楽しさを味わいながら、日本の豊かな季節感にふれることができます。
上質なイラストもたっぷり。低学年から、ひとりで読めます。
巻末の「まめちしき」で、行事の背景についての知識が高まります。

七夕をテーマにした「七月七日はまほうの夜」は、りえ、みな、ゆかの女の子3人組が主人公。3人は、暑さをしのぐために行った神社で、古い小屋を見つけた。そこで出会ったおばあさんが、流れ星になって落ちてきた織姫さまだと聞かされ「織姫さまが天に帰れますように」という願いごとを書いたたくさんの短冊を笹に飾る。すると……。

ベストレビュー

おりひめさまのねがい

三人の女の子たちが神社の小屋でひとりのおばあさんに出会います。
なんと彼女はおりひめさま。天に帰りたいけれど帰れなくなってしまったようで…!?
大好きな人といくらがんばっても年に一回しか会えない…考えてみれば辛い話ですよね。
その一回でさえ、雨が降る日が多いですし。
七夕のお話でまさかおりひめさまのねがいを叶えるお話が読めるとは!
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


石井 睦美さんのその他の作品

つくえの下のとおい国 / 月まつりのおくりもの / ゆめみるじかんよこどもたち / ビアトリクス・ポターとかわいそうなテンジクネズミのはなし / ちいさなオレグ / 世界でいちばんすばらしいもの

高橋 和枝さんのその他の作品

あ、あ! / そのままのキミがすき / あなたなんてだいきらい / 銀のくじゃく / くまのクリスマス / 美雨13歳のしあわせレシピ



あの名作の世界が手のひらサイズの小さなしかけ絵本に!

7月のおはなし 七月七日はまほうの夜

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット