すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
【出産のお祝いに】絵本みたいなカタログギフト「おめでとセレクション」
ランドセルは海を越えて
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ランドセルは海を越えて

  • 絵本
写真・文: 内堀 タケシ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ランドセルは海を越えて」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年04月
ISBN: 9784591134085

小学校高学年〜
26.5cm x 22cm 41ぺージ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ランドセルをアフガニスタンに贈る活動を紹介した写真絵本。ランドセルは、学校で学ぶこと、つまり「未来」へつながる希望です。

ベストレビュー

子どもたちの笑顔が素敵!

写真絵本です。
作者は写真家でアフガニスタンを中心とした中東アジアなどのるポタージュを毎年続けているらしいです。
その活動のいかんとして日本で使われなくなった「ランドセル」をアフガニスタンの子どもたちに届けている。
まだまだ銃を持った兵士たちがうろつく街で、屋根も壁のない荒涼とした大地の中、こぼれんばかりの笑顔でランドセルを抱きしめたり、中から勉強道具を取り出したりしている子どもたちの姿が印象的でした。

また、この作品で配られていたランドセルは相対的に赤っぽい色が多かったです。
たぶん男の子が好んで使う黒っぽいランドセルは、6年間使っていく中で、女の子の使うものより損傷が激しいのかもしれませんね〜。

とてもいい作品で、文字は少なく最低必要な説明が木だけがされています。写真はどれもはっきりしていて遠目も利きます。
小学校の高学年以上のお子さんたちの読み聞かせやブックトークの1冊として使ってみたいです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子18歳、女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

内堀 タケシさんのその他の作品

アフガニスタン勇気と笑顔



読みながらしりとり遊びができる“おいしいことば遊び”絵本

ランドセルは海を越えて

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット