ちびっこ魔女の大パーティ ちびっこ魔女の大パーティ
作: ジョージー・アダムス 絵: エミリー・ボラム 訳: おかだよしえ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
ちびっこ魔女3人組みは魔法の森に住んでいる。ハロウィーン・パーティをすることにした3人は、招待状を出し、おそうじをし、料理も準備して、でも…?
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ペンギン ペペコさん だいかつやく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ペンギン ペペコさん だいかつやく

  • 児童書
作: 西内 ミナミ
絵: 西巻 茅子
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 一章ためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年05月22日
ISBN: 9784790232711

4・5歳児から
縦21.3×横14.8cm(表紙縦21.6×横15.1cm)
上製 80ぺージ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


「おはなしのくに」編集者にインタビューしました!

出版社からの紹介

マリン水族館で生まれたペンギンのペペコさんは、ショーにでるために、いつも数字のおけいこをしています。でも、なかなか覚えられません。「こんなことしてなんの役に立つのかしら。もっと役に立つことをしたい!」…好奇心旺盛なペペコさんは、いろいろなものと出会い、積極的に関わることで自分探しに成功します。ただなんとなく、与えられた立場や仕事に流されることがなかったペペコさんの姿には、大人も子どもも見習うところがたくさんあります。繰り返し読んで、楽しんでほしい一冊です。

ベストレビュー

カワイイペンギンの女の子

このお話の主人公のペンギン、ペペコさんは水族館生まれのかわいらしい女の子のペンギンでした。水族館での訓練に不満を持っていて、そんな時に街へトレーナさんと行って自分の進むべき道を見つけていました。とっても前向きなお話だったのですてきだなって思いました。
(イカリサンカクさん 20代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

西内 ミナミさんのその他の作品

め・め・め / こぶたのぶーぷ / クーの おるすばん / のんびりおじいさんとねこ / ゆうちゃんとめんどくさいサイ / クリーナおばさんとカミナリおばさん

西巻 茅子さんのその他の作品

子どものアトリエ 絵本づくりを支えたもの / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(3) 古田足日子どもの本 / ケンカオニ / おてて つなごう / 北風ふいてもさむくない / みてよ ぴかぴかランドセル



読み聞かせに最適!見た人に幸せが舞い込むななめねこ

ペンギン ペペコさん だいかつやく

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット