くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …
小さめサイズが可愛い♪「こんとあき」など絵本柄のおつかいバッグはいかがですか?
アマールカ カッパが怒った日 (5)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アマールカ カッパが怒った日 (5)

  • 絵本
絵: ヴァーツラフ・ベドジフ ボフミル・シシュカ
文: ヴァーツラフ・チュトブルテク ボフミル・シシュカ
訳: かい みのり
出版社: LD&K

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年08月21日
ISBN: 9784905312260

15cm×15cm 36P

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


「アマールカ」の魅力を伺いました!

出版社からの紹介

森の妖精『アマールカ』の絵本シリーズ第5弾。
松の木のたねを飛ばすために、いきをふきかけるのは森の精のおしごと。
アマールカがしごとをしていると、いたずら好きなかぜがじゃまをしてきます。
それをたすけてくれたのは、粉屋のぼうしパン。それをうらみに思ったかぜは、しかえしに、カッパに粉屋のたましいをとってくるようそそのかします。

アマールカ カッパが怒った日 (5)

ベストレビュー

独特な!

親である大人の私が読ませていただきましたが,今回のアマールカシリーズのお話はちょっと現実離れした独特の世界観を感じました。
「かっぱ」が出て来るということ。
小さな子に読むのでしたら,「かっぱ」の説明から入らないとかもですね。
現実にはないかも知れない世界,これこそが絵本の醍醐味とも言えますね!
(まゆみんみんさん 30代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ヴァーツラフ・ベドジフさんのその他の作品

アマールカ 王様になった日 (6) / アマールカ 大男にプロポーズされた日 (3) / アマールカ 鳥になった日 (4) / アマールカ 森番をやっつけた日 (1) / アマールカ 子羊を助けた日 (2)



怪盗ルパンとのはじめての出会いにも!厳選の名作短編

アマールカ カッパが怒った日 (5)

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット