クリスマス くろくま クリスマス くろくま クリスマス くろくまの試し読みができます!
作・絵: たかい よしかず  出版社: くもん出版
みんなでプレゼントを持ち寄って、さあ、クリスマスパーティーのはじまりです。サンタさんからもステキなプレゼントがありました!
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
ばしゃにのって
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ばしゃにのって

  • 絵本
作: とよた かずひこ
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ばしゃにのって」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年08月01日
ISBN: 9784752006336

26cm 36ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

大好きな「うららちゃんののりものえほん」シリーズ。
『でんしゃにのって』からはじまって、色々なのりもので出かけるうららちゃんが主人公です。
電車もボートもさんりんしゃも、うららちゃんと一緒に乗ると、のんびり、あたたかーな気持ちになってくるから不思議なのです。

そんなうららちゃんの絵本に久々の新刊が登場しました。
今回、うららちゃんが乗っているのは・・・まさかの馬車!
運転していますよ、うららちゃん。

ぱかぱか ぱかぱか がらがら がらがら
「ピンポーン」「ひひひ〜ん」
ぱかっ

お客さんが降りたい場所で「ピンポーン」って言うと、止まってくれるみたい。
大きな干し草から登場するお客さんにもびっくり。
だって、次から次へと色々なおともだちが飛び出してくるんですよ。
さてさて、うららちゃんだってどこかで降りなくてはいけません。
終点の停留所で待っていてくれたのは・・・誰でしょう。

声に出して読むのも、繰り返し読むのもおすすめの絵本。
ぱかぱか、のーんびり楽しんでくださいね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ばしゃにのって

出版社からの紹介

ぱかぱか がらがら ぱかぱか がらがら
うららちゃんが ばしゃに のっています。
「いぬまち1ちょうめ」につくと、
「ワンポーン」と音がして、イヌさんがおりてきました。
次は、「ねこまち2ちょうめ」。
さて、だれが おりてくるのかな。
「でんしゃにのって」から15年。
「うららちゃんののりものえほん」シリーズ、久しぶりの新刊です。

ベストレビュー

にゃんぽんッ

職場で5歳児クラスが読んでもらっていました。
テレビで見たと、馬車もご存知で、たぶん知らない子もいたかと思いますが、
「にゃんぽんッ」
ちょっと変な声で読んだら大ウケ!
次になにが降りるのか当てっこしながら、もう熱気ムンムンでした。
カメにはブーイングと笑いが。納得の声もありました。

しかしこのシリーズ、どこまでいくの。作者ももうネタ切れでしょう。
と思うのに、次が出るこのヤラレタ感。スバラシイ。
(てぃんくてぃんくさん 40代・せんせい 女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


とよた かずひこさんのその他の作品

なにたべているのかな? / ばななくんがね・・ / 紙芝居 プリンちゃんとだいふくくん / なでなで ももんちゃん / おふろやさんのまねきねこ / まくらちゃんです。



山岡ひかるさんの「食べ物絵本」シリーズ 歴代編集者さんに話を聞きました

ばしゃにのって

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット