おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
ぼくは ねんちょうさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくは ねんちょうさん

  • 絵本
作: サトシン
絵: 田中 六大
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「ぼくは ねんちょうさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年06月24日
ISBN: 9784097265146

3歳〜小学校低学年
32ページ

みどころ

「ねんちょうさん」は園で一番のお兄さん。
「ねんちょうさん」はママがぼくを子どもあつかいすることに納得がいかない。
「ねんちょうさん」はようこちゃんとゆかりちゃん、どっちも好きで、決められない。

園児と児童の間といわれる「ねんちょうさん」の微妙な心の動きが、
赤裸々に綴られたこの作品。
クレヨンの減り方で友達の好きな色が分かったり、
好き嫌いすると怒る先生が、実はニンジンが嫌いだということに気づいたり、
年長さんって、意外といろいろ考えているんだなぁ…と感心してしまいます。
子ども達なら、「そうそう、ぼくも同じこと考えていた!」と共感すること間違いなしの一冊です。

当代きってのストーリーテラー・サトシンさんと、ほのぼのしたタッチが人気の田中六大さんの初タッグ絵本。
乗り物好きの男の子や、園で飼われているアヒル、よーく見るとモモが流れてきたり…?
繰り返し読むと気がつく、小さな遊び心もいっぱいです。

(木村春子  絵本ナビライター)

ぼくは ねんちょうさん

出版社からの紹介

園児のきもちの“あるある”をえがいた絵本

園児と児童のちょうど境目にいる、びみょうなお年ごろ「ねんちょうさん」の気持ちをユーモラスに描いた絵本。
年長さんになると、社会性や自主性も育ちはじめます。けれども、大人からはまだまだ子ども扱い。
そんなねんちょうさんを主人公に、このお年頃のこどもが、共感できる“あるある”な心の情景を、描きます。

ベストレビュー

何回見ても面白い

息子が年長さんになった頃を思い出して笑いがこみ上げてきました。
うちの子は小さい時に、こんな風に自分の考えをよく言う子だったので
年長さんになったらこんな風だよねと、すごく納得しました。
この主人公の、きりっとした目をして〜〜〜なぼくは年長さん。
の繰り返しのスタイル、とても面白かったです。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


サトシンさんのその他の作品

みどくんとあかくん / あるひ、いつものがくどうで。 / どうぶつ連想それ、だ〜れ? / だって おさるだもん / やさいだワッショイ!おいしさとどけ隊 / ま、いっか!

田中 六大さんのその他の作品

おとのさま、スキーにいく / のんびりやのサンタクロース / うどん対ラーメン / おしごとのおはなし 警察官 交番のヒーロー / 遠野物語 / おとのさま、ゆうえんちにいく



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

ぼくは ねんちょうさん

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット