ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
カマキリの生きかた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

カマキリの生きかた

  • 絵本
写真・文: 筒井 学
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「カマキリの生きかた」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年07月10日
ISBN: 9784097265153

3歳〜小学高学年
40ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

本を手に取って、ドキッとします。
一瞬、こちらを見つめる表紙のカマキリと、目が合うのです。
そしてその目は、確かに私たちに予感させます。
この本を開いてみなくては知ることができなかった、カマキリたちのたくましくもはかない、美しい一生。

5月、そよ風の心地よい草むら。
朝日を浴びながら湧き出るように誕生する200匹の赤ちゃんの姿は、命の煌きにあふれています。
葉の裏をずらりと並んで行進する幼虫たちの微笑ましいこと。
でもこんなにたくさんいる兄弟たちが、ほかの生き物の餌食となっていく厳しい現実。
生まれてから間もなくハンターとしての一歩を踏み出していくカマキリたちを待ち受けているものは・・・。

花に止まったシジミチョウを狙いうち。やっぱり虫の世界でカマキリの右に出る者はいないのでしょうか?
そんなことはありません。カマキリだってカナヘビに頭から襲われることがあるのです。
自分が生きるために食べ、また相手が生きるために自分も食べられていく過酷な世界。

生きるために食べる。そしてまた、生きるために子孫を残す。
メスであろうとオスであろうと、種をつないでいく本能は同じはず。
それなのに・・・思いがけない展開が待っていました。
すさまじく壮絶な光景を目の当たりにし、身震いすら覚えます。
でも、不思議です。
残酷な運命の中でもひたむきに生を求め続けるカマキリの美しさに、しばらく身動きがとれなくなるのです。

昆虫写真家として活躍する作者・筒井学さんは、5年もの歳月をかけて、じっくりとカマキリにレンズを向けてきました。
一枚一枚に、筒井さんでなくては出会えなかったであろうカマキリの生命の一コマが切り取られています。
生まれ、捕らえ、食べ、子孫をつくり、果て。そしてまた生まれてくるカマキリの輪廻。
今日も広い草むらの中では、この小さくて大きなドラマが繰り返されているのでしょうか。

(竹原雅子  絵本ナビ編集部)

カマキリの生きかた

出版社からの紹介

冬をのりこえ、春をむかえたスポンジのような、ふしぎなかたまり。
前の年のカマキリが産み残した卵のうです。

1つの卵のうからは、200ぴきものの幼虫が生まれます。
生まれたばかりの幼虫は、すぐに独り立ちをします。

カマキリにとって、「生きる」ということは、
そなえたカマで、えものをとらえ、食べていくこと。

しかし、カマキリもほかの生き物たちに、
えものとして、ねらわれているのです。

生き残れるのは、わずかな幼虫……。

オオカマキリの一生を通して、きびしい自然界の
「食物連鎖」のしくみを、とらえた写真絵本です。

【写真と文】筒井学(つついまなぶ)
1965年北海道生まれ。
1990年より東京豊島園昆虫館に勤務。
1995年から1997年まで昆虫館施設長を務める。
その後、群馬県立ぐんま昆虫の森の建設に携わり、
現在、同園に勤務している。
昆虫の生態・飼育・展示に造詣が深く、
昆虫写真家としても活躍している。

【編集担当者からのおすすめ情報】
作者が5年間をかけて、草むらで、オオカマキリを追いかけ、撮影した力作です。
ほかの虫を狩り、食べる。時に、ほかの生物におそわれ、食べられる。
そして、オスは交尾の時には、メスに食べられてしまうこともあります。
この写真絵本で、はかなくも悲しい、カマキリたちの懸命に生きる姿を
感じていただけたら幸いです。

ベストレビュー

カマキリ好きにはたまらない!

カマキリを飼っている息子とともに
この写真絵本を眺めては実際のカマキリを眺めて…
を繰り返しています
ギョッとするくらい鮮明にカマキリの写真が
のっています
その隣にはいたってシンプルなカマキリの生態を
現す文章が
息子はとくにカマのそうじをしているという描写が
気に入ったようで
カマキリを観察しては
食べ終わったからカマのそうじしてる!
と目を輝かせながら叫んでいます
交尾中におなかがすいたメスがオスを食べてしまうところ
冬になってカマキリの一生が終わるところ
少々衝撃的ではありますが
虫嫌いの大人と虫大好きな子供では
うけとり方が全く違うと思います
虫嫌いのママでもぜひ子供にはこういった
本物の虫の姿を見せてあげてほしいなと思える一冊です
最後のぺージの4種類のカマキリを
何度も絵で描いてくれと頼まれ
すごい集中力で緑色&黄土色をぬっています。。。
(きみたまさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

筒井 学さんのその他の作品

セミたちの夏 / カブトムシがいきる森 / クワガタムシ観察ブック / 虫の飼いかた・観察のしかた(6) 水辺の虫の飼いかた−ゲンゴロウ・タガメ・ヤゴほか / 近所の虫の飼いかた(2) / 虫の飼いかた・観察のしかた(3) 近所の虫の飼いかた(1)−アゲハ・アリ・テントウムシほか



ねえ、「コワイ」って、もってる?

カマキリの生きかた

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット