ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
ももんちゃん ぽっぽー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ももんちゃん ぽっぽー

  • 絵本
作: とよた かずひこ
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥800 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2006年04月
ISBN: 9784494001439

2歳〜
B5変型判・21×18.7cm・24頁

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


作者とよたかずひこさんにインタビューしました!

みどころ

お待たせももんちゃんの新刊は?今度は電車遊びです。おなじみちゃぽちゃぽのきんぎょさん、ちくちくちくりのさぼてんさん、どろどろどろんのおばけさんが集まって「ぽっぽー」。
坂を上って、坂を下って、トンネルに入って、トンネルを抜けて・・・ん?なかなか出てこない、なんだなんだ?最後はご機嫌に「ぽっぽー!」。
 ももんちゃんたちが電車遊びをするとこうなるのかぁ、ってなんだかうれしくなっちゃう展開です。ちょっと不思議、でも最後まで楽しいリズム感のあるお話は新刊でも健在。
ももんちゃんシリーズの面白いところは、子供と読んでいるとどんな展開でもそのまま理解してしまい、いつのまにかとっても楽しんでいるのです。小さな子にはそういう能力があるのですね。
そんなふわふわしたおおらかな世界を描いているんだなぁ・・・とだんだん解ってきました。うちでは読むときは必ず持ってるももんちゃん全部をまとめて読むことを要求されます!

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ももんちゃん ぽっぽー

出版社からの紹介

ももんちゃんが、ぽっぽーというと、おともだちがあつまってきました。きしゃごっこがはじまりました。トンネルにはいります…。

ベストレビュー

ぽっぽー、ぽっぽー

電車好きの息子がハマりまくっている本です。
文章のノリというか語呂がいいので、ぽっぽー、ぽっぽーとリズムにのれます。なんだか歌みたいで、息子もこの部分は一緒に言って楽しんでいます。
トンネルを抜けると、ももんちゃんが汽車を引っ張って出てくるのもうれしいようです。この汽車の顔も愛らしい!必ず3回は繰り返し読まされています。
(碧ママさん 30代・ママ 男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

とよた かずひこさんのその他の作品

ばななくんがね・・ / 紙芝居 プリンちゃんとだいふくくん / なでなで ももんちゃん / おふろやさんのまねきねこ / まくらちゃんです。 / リュックちゃんです。



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

ももんちゃん ぽっぽー

みんなの声(61人)

絵本の評価(4.42

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット