あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ウミウシの大研究 生態のふしぎから珍種まで
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ウミウシの大研究 生態のふしぎから珍種まで

監修: 濱谷 巖
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥2,800 +税

「ウミウシの大研究 生態のふしぎから珍種まで」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年05月13日
ISBN: 9784569783215

A4判変型上製

出版社からの紹介

鮮やかな色彩、奇抜な造形など、魅力がいっぱいのウミウシ。本書は、その不思議な生態と魅力を、写真とイラストを交えて紹介する。

ウミウシは、海の中でくらす軟体動物で、進化していく過程で貝がらを脱ぎ捨てた巻貝のなかまです。種によって体の色や形が異なりますが、きれいなものがたくさんいるので、「海の宝石」とたとえられることがあります。

 本書は、ウミウシの美しさから生態のふしぎまで、ウミウシの魅力を、写真やイラストとともに紹介したものです。

 全体の構成は次のとおり。<第1章 ふしぎな生き物 ウミウシのくらし>ウミウシは海でくらす生き物、ウミウシは貝がらをなくした巻貝のなかま、ウミウシとウミウシのなかまたち、ウミウシの体のつくり、ウミウシの生態はふしぎがいっぱい、ウミウシの出会いと交接、ウミウシの産卵と卵 <第2章 海の宝石 ウミウシ図鑑>裸鰓目・ドーリスのなかま、裸鰓目・ミノウミウシのなかま、裸鰓目・スギノハウミウシ、裸鰓目・タテジマウミウシのなかま、頭楯目のなかま、嚢舌目のなかま、無楯目のなかま、背楯目のなかま ほか

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




クマ大好きな三戸なつめさんが描く優しいイラストとストーリー

ウミウシの大研究 生態のふしぎから珍種まで

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット