もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【予約受付中!】あのロビットの兄弟型サラウンド収納『ピコ』が新登場です!
おなかのかわ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おなかのかわ

  • 絵本
作: 瀬田 貞二
絵: 村山 知義
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年01月15日
ISBN: 9784834005172

読んであげるなら・ 3才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
27X20cm・28ページ

出版社からの紹介

ネコはオウムの用意したごちそうだけでは足らず、オウムを丸飲みにします。それからおばあさん、ロバ、王様一行を次々に丸飲みにして、最後にカニを飲み込んだところ……。


ベストレビュー

ラストは?とワクワクして読みました

 読んでいる途中で、デンマークの民話の「ふとっちょねこ」〔ジャック・ケントによる再話:朔北社〕と似たお話だと思いました。

 こちらは、けちで貪欲なねこが食事に招待してくれたオウムの大歓待でも満足せず、オウムをぺろりと丸呑みしてしまうところから、延々ぺろりごくんが続きます。
 食べたものが増えていく文章は、まさに積み上げ歌です。

 読みながら、ラストは?とワクワクして読みました。
 ねこのおなかの中の様子のページが愉快です。
 ○○(読んでのお楽しみ)の活躍で、めでたしめでたしになったのには、なるほどと思いました。
 それにしても、最後までオウムは“足るを知る”慎ましい品のある存在でした。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ピクニック
    ピクニック
     出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    こぶたちゃんしかけえほんシリーズ最新刊!今度のしかけはいったい?!

瀬田 貞二さんのその他の作品

ながいかみのラプンツェル / ちっちゃなえほん ちっちゃなちっちゃなものがたり / さてさて、きょうのおはなしは・・・・・・ / こどものとも 日本の昔話 おんちょろちょろ / まのいいりょうし / こどものとも 日本の昔話 うしかた と やまうば

村山 知義さんのその他の作品

おとしたのはだぁれ / 巨人の風車 / なくなったあかいようふく / 岩波少年文庫 557 ロビン・フッドのゆかいな冒険 1 / 岩波少年文庫 558 ロビン・フッドのゆかいな冒険 2 / 村山籌子作品集3・川へおちたたまねぎさん



オオカミはほんとうにわるいの?子どもと読んでほしい絵本

おなかのかわ

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.42

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット