宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
すいかのめいさんち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

すいかのめいさんち

  • 絵本
作: 平田 昌広
絵: 平田 景
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り5

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年06月10日
ISBN: 9784790252573

3〜4歳
20.7cmX27.9cm 24ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

この絵本は神奈川県三浦半島の町がモデルになっています。三浦半島にお住まいの作者と取材に行きました。すいか畑や、すいかを直売している農家をあちことで見かけ、そこはまさしくすいかの名産地。絵本に出てくる下里ファームにおじゃますると、床一面に大きなすいかがびっしり。こんなにたくさんのスイカが並んでいたら、ひとつくらい一人占めしたくなりますよね。そんな男の子の願望がユーモアあふれる絵本になりました。すいかを丸ごと食べたいという男の子の願望はかないませんでしたが、家族みんなで分け合って食べるすいかもおいしいはずです。夏の風物詩ともいえるすいか。絵本を読んだら、すいかを囲んで家族で楽しいひとときをすごしてはいかがでしょう?

すいかのめいさんち

ベストレビュー

すいかの名産地?

♪ すいかのめいさんち ♪
歌にあるのです
結構良く歌われていますよね
  
平田さんのすいかのめいさんち  ご夫婦合作の絵本はなかなか 豪快なすいかです
 
丸ごと 食べようとしたり 
半分のすいかを、ストローですってみたり
でもやっぱり 大きなすいかを冷たく冷やして みんなで食べるのが
最高の食べ方ですね 
おいしさが 倍増! 
種とばしも 子どもが喜びそうですね
私も 子どもの頃 こんなふうに 家族ですいかを食べたり たねとばししたことが 懐かしいです!

夏休みの思い出ですね!

ちなみに、すいかも名産地はどこ?
熊本県 千葉県が 生産量が多いそうですよ!
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


平田 昌広さんのその他の作品

かいていとっきゅう しんかいせん / いぶくろちゃん / いすにすわってたべなさい。 / みかんの めいさんち / おかんとおとん / しろがくろのパンダです。

平田 景さんのその他の作品

てんぐ、はなをかむ。 / ぱんつくったよ。 / だんごうおです。 / チャレンジ! どんぐりクッキー / そだてておいしい!ピーナッツ / ありがとう!きゅうしょく



「ろっぺいブックス はじめてのえほん」刊行記念インタビュー

すいかのめいさんち

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.4

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット