大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
はっけんずかんプチ むし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はっけんずかんプチ むし

絵: 丸山 綾子
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

本体価格: ¥880 +税

「はっけんずかんプチ むし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年06月26日
ISBN: 9784052037702

3〜5歳児
AB判 18頁

みどころ

しかけをめくって楽しい、1歳から楽しめるやさしい赤ちゃん図鑑シリーズ「むし編」!

小さな子どもたちが生まれてはじめて目にする身近なむしたち。
一番最初に出会うのは一体どんな友だちかな。
ページを開くと、いつも一生懸命働いているアリさんと石ころの下に隠れているダンゴムシさんの登場です。
ふだんまったく違う形をしている二匹をじっくり比べて観察することなんてなかなかできないですよね。
触覚はあるけど、足の数はまったく違うし、食べるものも得意なことも全然違う。知れば知るほど不思議がいっぱい。
むしたちが活動する春、夏、秋のページには、いろいろなむしたちがごはんを食べたり、おしっこしたり、喧嘩していたり。
一体どんなむしがどんな場所で暮らしているのかな?

子どもたちの「?」を刺激する一番最初の図鑑に最適な情報量が、
たくさんの写真とかわいいイラストを使って紹介されています。
ページのいたるところに、扉になった「しかけ」が付いていて、
繰り返し見ても飽きることなく、子どもたちの興味を引き出してくれます。
季節ごとに出会える本物のむしの写真を並べた「むしずかん」のページでは、
思わず指をさしてしまうほど、リアルなむしたちがずらりと並んでいて子どもたちも大興奮。
みんな大好き、夏に出会う「かぶとむし」「あぶらぜみ」「おおむらさき」。
秋の空、スイスイ飛んでる「赤とんぼ」や春の訪れとともに現れる「てんとうむし」「あげは」や蝶の仲間たち。
身近なむしたちが気になりだしたら、大成功!
この図鑑を機会に、どんどん新発見に出会ってくれることでしょう。

(富田直美  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

「とびら」を開くと、アリの巣の中がわかったり、セミが羽化したり、バッタが飛んでいったりする。たくさんの仕掛けをめくって、楽しみながら新しい「はっけん」ができ、本と子どもの距離ぐっと縮まる絵本図鑑。実物大の虫の写真も多数掲載。

ベストレビュー

幼い子用の図鑑

幼い子用の図鑑です。
こどもが「むし」好きなのもあって楽しんでいます。
季節ごとのむしを見たり、しかけをめくったり。
こどもはだんごむし(とアリ)のところと夏の虫のところの蜜にむらがるむしたちのしかけをめくるのが気に入っているようです。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

はっけんずかんプチ むし

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット