宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
はなたれこぞうさま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はなたれこぞうさま

  • 絵本
作: 川村 たかし
絵: 梶山 俊夫
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「はなたれこぞうさま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年
ISBN: 9784774604121

B5判横 各巻28ページ

この作品が含まれるシリーズ

ベストレビュー

ユニークな神様

 風邪を引き、「はなたれこぞうさま」ならぬ「はなたれおじょうさま」になってしまった娘のために、図書館で借りてきました。

 日本の民話や昔話には、面白い神様がたくさん登場しますが(たとえば、「さんまいのおふだ」に出てくる「便所の神様」なんて西洋の民話にはありえませんよね!)、「はなたれこぞうさま」もそんなユニークな(?)神様の1人。じさまとばさまが、願い事をするたびに、「ズッフン」と鼻をかむような音をさせ、大きな家や畑、着物やかんざしに小判・・・と、たちまちに叶えてくれます。

 ところが、はなたれこぞうさまがあまりに汚いものだから、次第に有り難さも薄れ、ただの洟垂れ小僧にしか見えなくなってしまいます。そして、はなたれこぞうさまが、家の敷居をまたいで出て行こうとする瞬間、「ずうずうずだらの ずんぼーん」と、青洟をすすりこむ音が聞こえたかと思うと・・・
 娘も、じさまとばさまのように、ぽかーんとしたまま、「やっぱり欲張りすぎちゃったんだね」と一言。

昔話のおもしろさがいっぱい詰まった楽しい絵本です。
(ガーリャさん 40代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


川村 たかしさんのその他の作品

酒呑童子 / おおきさくらべ / 心うたれるほんとうにあった話4年生 / ばけずきん / こめぶき・あわぶき / ゆきおんな

梶山 俊夫さんのその他の作品

こどものとも 日本の昔話 おんちょろちょろ / さるとびっき / きつねとかわうそ / こどものとも 日本の昔話 天のかみさま金んつなください / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(11) 古田足日子どもの本 / かぜのおまつり



みごたえ満点!船の断面図絵本『ペンギンクルーズ』のはなはるかさんインタビュー

はなたれこぞうさま

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.53

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット