新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
おこちゃん

おこちゃん

  • 絵本
作・絵: 山本 容子
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,606

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1996年
ISBN: 9784097270751

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

子どもは子どもらしくのびのびと育ってほしい…。そんな願いをこめて、版画家山本容子が自らの幼い頃のエピソードで描く、おこちゃん一家のなつかしい日々。

ベストレビュー

素敵だけど・・・

山本容子さんといえば、美貌の版画家というイメージ。
さぞかし可愛らしい少女だったのだろうと思いきや・・・。
なんとまぁハチャメチャな、おもしろおかしい女の子だったのでしょう!
そしてこのおこちゃんを取り巻く家族が最高です。
びっくりひっくりかえりつつも、温かく見守るおちゃめな家族。
なかなか素敵な雰囲気の一冊なのですが、悲しいかな、私にはとても読み聞かせにくかったです。「ぞうさん」の替え歌になっているというレビューもありましたが、一冊ずっと歌い続ける気力がない私は途中でギブアップ(涙)。
子どもが寝てから一人でこっそりと読みました。
(オパーサンさん 30代・ママ 女の子5歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • たなばたバス
    たなばたバスの試し読みができます!
    たなばたバス
    作・絵:藤本 ともひこ 出版社:鈴木出版
    今年の七夕も、たなばたバスがしゅっぱつしバース!

山本 容子さんのその他の作品

詩画集 プラテーロとわたし / チューリップ畑をつまさきで / つづきの図書館 / 雪だるまの雪子ちゃん / 青い鳥文庫 ふしぎの国のアリス(新装版) / 子どもだって哲学(2) 自分ってなんだろう



出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

おこちゃん

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.3

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット