雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
猫のプシュケ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

猫のプシュケ

  • 絵本
著: Goosehouse・竹澤 汀
イラスト: もずねこ
出版社: TOブックス

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「猫のプシュケ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年06月
ISBN: 9784864721493

AB判・上製・32ページ

出版社からの紹介

ちょっとせつないけど、とてもあったかい猫プシュケと女の子の恋物語。

ひとりぽっちだった女の子が出会った、真っ黒なからだにキラキラと輝く金色の瞳をもった猫のプシュケ。
ふたりは唯一無二の友達になる。
でも、プシュケは女の子に恋をしていた。
時は流れて女の子は大人になり、プシュケの言葉は、やがて女の子には届かなくなる。
ある晩お月さまがプシュケにいう―それはプシュケも分かっていたことだった。

命の尊さ、人を愛する気持ち。あたりまえだけど、とても大切な気持ちにあらためて気づかされる、小さな子から大人まで楽しめる絵本。

ベストレビュー

泣いちゃった。

女の子は、人と話すことが苦手でした。
小学校へ行ってもひとりぼっちでした。
かなしい時は、浜辺へきれいなかいがらをさがしに行きました。
かなしさを忘れることができたからです。
そして、ある日のこと、浜辺で、小さな小さな、真っ黒なこねこと出会ったのです。
女の子は、そのこねこに『プシュケ』という名前をつけて、仲良く暮らしました。
女の子は成長し、プシュケとの関係も少しずつ変わってきます。
プシュケの、女の子への思いは変わりません。
そして、その日がやってきます。
命の長さと恋する気持ちの違い…
最後に見せてくれた夢。
なんだか、胸をぎゅっとつかまれたような気持ちになりました。
昨年、天に召された、我が家のにゃんちゃんを思い出し、涙がこみ上げてきました。
(おしんさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


もずねこさんのその他の作品

雪の女王



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

猫のプシュケ

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75




全ページためしよみ
年齢別絵本セット