宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
こどもものしりずかん にほんご+えいご
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こどもものしりずかん にほんご+えいご

著: 永岡書店編集部
出版社: 永岡書店

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年12月
ISBN: 9784522422656

特AB 30P

出版社からの紹介

「やさい」「のりもの」「みのまわりのもの」などのものを、かわいいイラストで紹介。楽しみながら、あっという間に約300のものと言葉が英単語とセットで覚えられる。テーマごとにものを分類しているので、仲間分けの認識もできるようになる。親子でコミュニケーションをとりながら、楽しく知識を増やすことができます。
〜内容〜
やさい、くだもの、ごはんとおかし、はなとみ、みぢかなどうぶつ・まきばのどうぶつ、ちいさなむし、せかいのどうぶつ、みずのいきもの、とりのなかま、わたしのまち、のりもの、みのまわりのもの、あそびどうぐ、がっき、からだ、ふく、てあそびうた(ぐーちょきぱーでなにつくろう)、かず

ベストレビュー

イラストが好みです!

ことばずかんはたくさん出ていますが,おちらのずかんはイラストが可愛らしく個人的にが好みのイラストで楽しく思いました。
どれにしようか迷った時は,イラストの好みで買うのも一つかも知れませんね(笑)。
日本語と英語が両方載っているので,長い期間,重宝すると思いました。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


永岡書店編集部さんのその他の作品

はじめてずかん これ、な〜に?650 / アナと雪の女王 / こどもものしりずかんこれなあに?にほんご+えいご / どうようピアノえほん / ことわざかるた あそびながら楽しく学べる / 日本と世界の名作かるた



おやすみ前にぴったりの絵本!本をなでたり、ゆらしたり♪

こどもものしりずかん にほんご+えいご

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット