新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

おばけのジョージー

おばけのジョージー

  • 絵本
作・絵: ロバート・ブライト
訳: 光吉 夏弥
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,210

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

初版年月日 : 1978年06月20日

作品情報

発行日: 2022年04月05日
ISBN: 9784834007251

出版社のおすすめ年齢:4歳〜

ページ数: 44
サイズ: 20X25cm

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

ホイッティカーさんの家の屋根裏部屋におばけのジョージーが住んでいました。ジョージーは、毎晩同じ時間に、階段と広間のドアを軋ませます。それが合図になって、ホイッティカーさん夫婦は寝る時間だとわかり、ねこのハーマンはねずみを探し回る時間だとわかり、ふくろうのオリバーは鳴く時間だとわかりました。ところが、ホイッティカーさんが階段とドアを修理してから、皆は時間がわからなくなってしまいます。

ベストレビュー

最初に書かれたジョージ―

児童書のシリーズに比べて表紙が地味に感じましたが、最初に書かれた本書は読んでおきたいと思いました。
ジョージーが留守の間、ホイッティカーさんの家は逆に大変だったのでは?と気になります。
奥付によると、作者のロバート・ブライトさんが1944年、娘さんと息子さんのために書かれたそうです。
戦時下にペン1色だけで丁寧に描いて作られた絵本が、70年たっても楽しく読めるのだから有難いことです。
家がミシッ、ギイッ、と音をたてるのは、日本の家鳴りにも似ています。
我が家もミシミシギーギーするので、おばけがいるのかもしれません。

(みいのさん 60代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,650円
1,100円
2,970円
1,100円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

4,730円
748円
2,640円
3,740円

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

おばけのジョージー

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.42

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら