となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
ひまわり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひまわり

  • 絵本
文・絵: 荒井 真紀
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年06月
ISBN: 9784323072722

幼児 低学年
24.6×21.5cm 32ページ

出版社からの紹介

たいようと いっしょに わらった わらった
ヒマワリの一生を美しい細密画で描いた絵本
ヒマワリ観察に役立つヒントがいっぱい!

美しい細密画で、ヒマワリの一生を描いた絵本。種から根がのび、芽がでて、葉をつけ、ぐんぐんと背丈をのばし、つぼみをつけ、大きな花が咲き、そしてまた種ができるまでを、丁寧に描いている。小学校生活科の副教材にも最適。

ベストレビュー

タネのできていく様子が。

4歳の息子と読みました。
荒井さんの「たんぽぽ」、「あさがお」がとても良かったので。

こちらもすばらしい。
ひまわりって、本当に太陽の方を向くのですね、それも一日中。
つぼみのできる過程、ひらいていく様がとても丁寧に描かれています。
そして、花の断面、タネが大きくなっていく様子はとても圧巻。
初めはウチ側の花も黄色いのですね。
それがだんだんタネができてきて、茶色くなって行く様子がよくわかりました。
タネが2000個以上もできるなんて。。

とてもいい絵本だと思います。

今、ひまわりを息子と庭で育てています。
黄色ではなくて、赤い花が咲く予定ですが、とても楽しみです。
(トゥリーハウスさん 40代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


荒井 真紀さんのその他の作品

まるいものの なかに / たんぽぽ / あずき / あさがお



入園入学シーズンには、『ともだち』をオススメしています。児童書のプロに聞く!

ひまわり

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.75

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット