十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
ホタルの光は、なぞだらけ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ホタルの光は、なぞだらけ

  • 児童書
著: 大場 裕一
出版社: くもん出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年07月01日
ISBN: 9784774321776

小学高学年から
A5判 120ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ふしぎな生き物は、熱帯のジャングルや深海など、なかなか行けないようなところまで足を運ばないと見つからないものだ、と思っていませんか? それが意外と、みなさんのまわりにもたくさんいるのですよ。たとえば、めずらしそうに思える光る生き物の中にも、身近な大冒険で出会えるものがけっこういます。
そんな光る生き物ですが、光るしくみや光の役割、どうして光るように進化したのかなど、わかっていないことが、まだまだたくさんあります。
この本では、発光生物研究の第一人者が、発光生物の見つけ方や、光のなぞや疑問を解こうとする活動を紹介していきます。「ホタルのさなぎは、2色で光っている」「脂肪を燃やす遺伝子が、光りを発する遺伝子に進化した」など、新発見も満載です。

ホタルの光は、なぞだらけ

ベストレビュー

身近な生物の中に光るもの

1月26日に、大場先生のお話を聞く講座に家族で参加しました。

この本に書かれているように光るミミズについてのお話もありました。

ぼくも行く前にこの本を読んでいて、光るミミズが自分で捕まえられたらいいのにと思いました。

光るものが身近に多くあったことも驚きましたが、自分で捕まえるチャンスがあったこともびっくりでした。

大場先生によると、科学は大人にならなくてもできるし、チャンスは準備ができた人にだけやってくるそうです。

皆さんもこの本を読んで身近な生物の中から発見してみませんか。おすすめの本です。
(はなびや2号さん 10代以下・その他の方 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


大場 裕一さんのその他の作品

光るいきもの キノコ / 光るいきもの 海のいきもの / 光るいきもの 陸のいきもの



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

ホタルの光は、なぞだらけ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット