もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
虫の呼び名事典
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

虫の呼び名事典

著: 森上 信夫
出版社: 世界文化社

本体価格: ¥1,500 +税

「虫の呼び名事典」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

散歩で見かける虫の呼び名と名前の由来が楽しくわかる。大好評「呼び名事典」シリーズ第3弾
大胆な写真で虫の面白さ、驚きと感動を伝えます!

【担当編集者からオススメの一言】

大好評の『雑草の呼び名事典』に続く、
「呼び名事典」シリーズの最新刊です。

散歩で見かける身近な虫の名前と名前の由来が楽しくわかります。
「雑草」と同様に、メインカットでは全身写真を大胆に使い、
虫の格好よさ、美しさ、面白さを伝えていきます。
また、生態写真では身近な虫の秘密にスポットを当て、
驚きと感動を伝えます。

春、夏、秋は身近な虫に出会う絶好の季節です。
ハンディ版の本書には、チョウやテントウムシをはじめ、
身近な虫70種を収録しました。

ベストレビュー

クリアな写真

 私は虫が苦手ですが、子どもはそれほどきらいではないので、この本をおもしろそうに見ています。
 虫の写真がクリアで、細部までよくわかります。見れば見るほど虫の体は、不思議というか精密にできているなと感心してしまいます。本物の虫を、こんなにじっくり見ることはできないです、、、。
 オスとメスのちがいや、たくさんの仲間たちなどびっくりすることも、いろいろあっておもしろかったです。
 
 ハンディサイズなので、野外で遊ぶときの持ち歩きも便利だなと思いました。
(どくだみ茶さん 40代・ママ 女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • わすれもの
    わすれもの
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ぼく、ここでまってなきゃ。 切なくてあたたかい、ちいさな「わすれもの」の気持ち。

森上 信夫さんのその他の作品

虫のくる宿 / フレーベル館だいすきしぜん(むし) だんごむし / フレーベル館だいすきしぜん(むし) てんとうむし



魔法のぐっすり絵本『おやすみ、ロジャー』第2弾!

虫の呼び名事典

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット