庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
あたしがおうちに帰る旅
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あたしがおうちに帰る旅

  • 児童書
著: ニコラ・デイビス
訳: 代田亜香子
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年06月
ISBN: 9784092905276

四六判/192頁

出版社からの紹介

言葉を話せない少女と2ひきの動物の大冒険

主人公は、雇い主に「イヌ」と呼ばれている少女。
少女は、言葉も話せず、住み込みのペットショップでこきつかわれ、心開ける唯一の友だちは、店の売り物でもあるハナグマ(アライグマの一種)の「エズミ」だけ。
ある日、店に連れてこられたオウムが友だちに加わり、一人と二匹の逃亡の旅が始まります。さまざまな冒険を経て、少女がたどりついた場所、出会ったものとは!?
少女と動物との交流、道中に出会う魅力的な人々、密航者におそわれそうになる大ピンチなど、スピーディな展開と、心温まるエピソードがいっぱいつまった作品です。

編集者からのおすすめ情報
野生動物を研究する著者による、2ひきの動物と少女の心あたたまる冒険物語。ハナグマのエズミと少女イヌとのほほえましいやりとりや、頭のいいオウムのカルロスの活躍など、終始、読者を飽きさせません。
ラストの、少女が自分のアイデンティティ(出自と言葉)を見つけるシーンがぐっと心に迫ります。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ニコラ・デイビスさんのその他の作品

ちいさなちいさな めにみえない びせいぶつの せかい / やくそく / びっくりどっきり寄生虫 / 北極熊ナヌーク

代田 亜香子さんのその他の作品

ペンダーウィックの四姉妹(2) ささやかな奇跡 / コービーの海 / ペンダーウィックの四姉妹(1) 夏の魔法 / はじまりのとき / クレイジー・サマー / フライ・ハイ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

あたしがおうちに帰る旅

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット