貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス)
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
うれしいかおって どんなかお?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うれしいかおって どんなかお?

  • 絵本

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


テミルプロジェクトさんにインタビューしました!

出版社からの紹介

まゆちゃんは知的障がいを持っています。知的障がいや精神障がいを持つ人は、自分の感情を上手に伝えられない場合があります。この絵本では、笑顔になるほどの楽しい気持ちを感じているけれど、その気持ちを伝えられないまゆちゃんを主人公としました。
まゆちゃんを通して、「自分のことを伝えるのが苦手な人もいるけれど、みんながいろんなことを感じるのを同じように、彼らもいろんなことを感じるんだよ。」ということを多くの子どもに分かって欲しい、この絵本がその理解の一助となればと考えています。
(監修 テミルプロジェクト)

うれしいかおって どんなかお?

ベストレビュー

色々な気持ちの表し方がある

前半、チョコを食べた仲間たちが色々な“おいしい!”
の表現をしているのには、私も思わず笑ってしまいました!
(特に、こんなに美味しくていいのか!!
と怒り出したデジデジさんが、一番好き!)

そこに登場する、自分の気持ちを、表情や言葉で伝えられない“まゆちゃん”。

読んだときには、「恥ずかしがりやの女の子なのかな?」
と思いましたが、
内容紹介を読んで納得しました。

まゆちゃんが知的障がいを持っている
という設定には気が付きませんでしたが、

「色々な気持ちの表し方がある」
という、大切なテーマはダイレクトに伝わってきました。

内容は少し大きなお子さん向けかもしれませんが、
小さな子にこそ、読んで聞かせたい一冊です。
(なーお00さん 20代・その他の方 )

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

やまもと しょうぞうさんのその他の作品

ゆうれいたんていドロヒュー (15) かくされた もじの ひみつ / ゆうれいたんていドロヒュー (14) てんぐの はなの たたり / ゆうれいたんていドロヒュー (13) ぐるぐるミイラの なぞ / ゆうれいたんていドロヒュー (12) のろいの どくろじま / ゆうれいたんていドロヒュー (11) あくまの プリンセス / ゆうれいたんていドロヒュー(10) ばけねこホテルの わな

にしうち としおさんのその他の作品

うちのパパは ウルトライックメン / おかしをじょうずにつくるには / みんなでやろう おむすびころりん



「P-kies Educational Series」<br>mizukaさん きはらようすけさんインタビュー

うれしいかおって どんなかお?

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット