もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ヘンゼルとグレーテル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ヘンゼルとグレーテル

  • 絵本
原作: グリム
文・絵: いもと ようこ
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年06月
ISBN: 9784323036182

幼児
28.6×22.6p 32ページ

出版社からの紹介

●永遠の名作をあなたに――●
あまい話には ごようじん
「おかしのいえ」は、ヘンゼルと グレーテルを おびきよせるためでした。こまったときでも・・・・・・ あまいはなしに とびついてはいけません!
from いもとようこ

貧しさのために森に捨てられてしまったヘンゼルとグレーテルの兄妹。機転を利かせ一度は家に戻りますが再び捨てられた時、二人はお菓子の家を発見 します。ところがそれは人食い魔女の家でした。グリム名作の一冊。

ベストレビュー

かわいい

お菓子のおうちがかわいい!って思いました。食べるのがもったいなくなってしまいそうですし、動きそうな感じも。
まじょは絵もこわいですね。
最後、「おかあさんはもういませんでした。」ってさらっと書かれているけど、このお話のおかあさんってそういえば死んだのだったかな?
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


グリムさんのその他の作品

ながいかみのラプンツェル / ラプンツェル / 人くい鬼 / ねむりひめ / 白雪姫 / ハーメルンのふえふき

いもと ようこさんのその他の作品

どんぐりと山猫 / たんぽぽのおかあさん / イソップどうわ / 3びきのこねこ / ピノキオ / きつねのがっこう



楽しみながら学べる☆ポカポカフレンズのおしゃべりえほん

ヘンゼルとグレーテル

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット