たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷です♪】
もしかして ぼくは
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もしかして ぼくは

  • 児童書
作: 内田 麟太郎
絵: 早川 純子
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 一章ためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2013年07月22日
ISBN: 9784790232728

五歳から小学生
21.6×15.1mm/64ページ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


「おはなしのくに」編集者にインタビューしました!

みどころ

「いやだー。たべないで!」
ぽっかぽっかのいい天気、いつものように「もしかして」のうたをうたいながらごきげんに散歩するにょろくんに突然起こった災難!なんとヘビが大好物だというヘビクイワシにつかまってしまったのです。

♪もしかして もしかして
 ぼくは せかい一の ヘビかもね
 もしかして もしかして
 ぼくは せかい一 つよいかもね

とさっきまで歌っていた歌もむなしく、にょろくんの足はヘビクイワシにがっしり踏まれ、どんなにあばれても、全く逃げられません。焦るにょろくんを前に、ヘビクイワシは、にょろくんの頭をなでたり、よだれをたらしたり、嬉しそうにからかうばかり。

しかし、そんな絶体絶命の状況でも、にょろくんはあきらめません。足を踏まれたまま前に思いっきり逃げようとします。びょ〜ん。びょ〜ん。びょ〜ん。うどんのようにのびてしまいました。それでも前に、びょ〜ん。びょ〜〜ん。びょ〜〜〜ん。ついには、そうめんのようにまで。そこに急遽現われた助けの手。仲間のリスさんとバッタのおじいさんです。二匹とも危険をかえりみず、にょろくんのために果敢にヘビクイワシに立ち向かいます。さて、二匹とにょろくんの運命やいかに?そして、にょろくんが思いっきり体をつっぱった瞬間、にょろくんの身に起こった異変とは?もしかしてぼくは!?

食うか食われるか、の緊迫した状況が描かれながらも、なんだかとってもおかしいのは、作者の内田麟太郎さんらしいダジャレがきいているから。「いたいっ、はなしてー。」「なんのはなしがいいのかな?」といったやりとりや、ピンチの瞬間にも「バッタがばったり」と冗談を言うバッタのおじいさん。楽しいダジャレとともに、リズミカルにテンポ良くお話が展開していきます。また、目が飛び出しちゃったり、体がどんどん伸びていくにょろくんの姿や、にまにま笑うヘビクイワシの表情など、太い線でユーモラスに描かれる早川純子さんのイラストにも注目です。とっても愉快で楽しいこちらのお話は、絵本から読み物への橋渡しにぴったり。2013年1月から新しく刊行になった幼年童話シリーズ「おはなしのくに」の5冊目のお話です。


(秋山朋恵  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

ヘビのにょろくんが、森の動物たちと軽口をたたきながら、いつものようにのんびり散歩をしていると、急に体が動かなくなって…。振り返ってみると、一番怖い「アイツ」がにょろくんのしっぽを踏んづけていたからさあ大変! どうなる、にょろくん! リズミカルに展開されるテンポのよいお話に、独特の太い線で人気のある画家早川純子さんのかわいいイラストがついて、なんとも愉快なナンセンス童話が出来上がりました。最後まで目が話せないお話です。

ベストレビュー

シュール&ホット

内田麟太郎さんの絵本は、たくさん読んだことがありますが、童話は初めてだったので、どんな風に展開するんだろうって、期待いっぱいでした。

穏やかな冒頭、急展開の中盤、絶体絶命の山場を越え、まさかまさかの結末でした!
途中から、(これ、ナンセンス??)なんて思いが頭をよぎりながらも、ドキドキ・ハラハラの展開から目が離せませんでした。
何よりも、ぼくを救おうとする、仲間たちの思いに胸が熱くなりました。
それでも、(もうだめ〜っ!)と、目をつぶりかけたその時、さらにありえない展開が!!

かぎりなくホットで、ちょっぴりシュール。内田麟太郎さんのふたつの魅力が、両方味わえるおはなしでした。

娘の反応も良かったです!
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

内田 麟太郎さんのその他の作品

たまたまタヌキ / イソップ物語 / ぐるぐるぐる / ぼくだってトカゲ / なみだは あふれるままに / いつだって ともだち

早川 純子さんのその他の作品

十二支のおもちつき / ゲーゲー ピーピー おなかのびょうき / いえのなかの かみさま / ミミとおとうさんのハッピー・バースデー / みんなの家出 / 羅生門



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

もしかして ぼくは

みんなの声(5人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット