貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
オキナワの家 くうねるところにすむところ−子どもたちに伝えたい家の本
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

オキナワの家 くうねるところにすむところ−子どもたちに伝えたい家の本

作・絵: 伊礼智
出版社: インデックス・コミュニケーションズ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「オキナワの家 くうねるところにすむところ−子どもたちに伝えたい家の本」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

いつか一緒に、静かに読もう。

以前、家族旅行で訪れた沖縄。
空港から1時間のドライブで目についたのは
コンクリートの四角い民家と屋根にシーサーがのった赤い土の民家、
そして「多分お墓だろうね」となんとなくわかった不思議な形の「何か」でした。
何をどう調べれば沖縄で出会った小さな謎に行き着くのかわからないまま数年が経ち、
とうとう出会えた宝物のような本です。

導入部分の沖縄の歴史についてのくだりは
子どもに伝わるように平たい言葉で書かれているからこそ
ぐっと胸にせまります。
「絵本」に分類されるべきなのかはわかりませんが
絵からも充分にチカラを感じます。

『沖縄ではなくオキナワ』と表記されるのには、
作者の強い想いがあります。
子どもたちが成長したら、ぜひもう一度沖縄を訪れ、
この本を一緒に開きたいと思います。
(グレープフルーツ・ムーンさん 30代・ママ 男の子7歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!



医学博士/脳科学者・加藤俊徳さん インタビュー

オキナワの家 くうねるところにすむところ−子どもたちに伝えたい家の本

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット