宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ウリンボー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ウリンボー

  • 絵本
絵: 荒井 良二
文: 椎根 和
出版社: 芸術新聞社

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ウリンボー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年06月17日
ISBN: 9784875863656

AB判 上製本 / 32ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

何でも食べるイノシシの赤ちゃん、ウリンボー。原子力発電所が爆発して降り注いだ放射能を人間のために貪欲に取り込み、やがてフクシマはイノシシであふれかえることになる……。

ファンタジーが現実を変える! 古事記の時代から日本人と深いつながりをもってきたウリンボーが、フクシマに、そして日本に、元気をもたらす。生きる希望をめぐる物語。

ウリンボー

ベストレビュー

考えさせられます

いのしし年だしと、図書館で借りてきた絵本です。
はじめは、かわいらしいウリンボーの姿がかわいらしく、ほのぼのとした気分で読んでいましたが、突然原発事故の話が出てきて、展開が一気に変わりました。
人間がいなくなり、人間に狩られることもなくなって、
「ウリンボーたちははじめてお母さんにあまえてすごしました」
というところに複雑な気持ちになりました。
イノシシのカラダのなかに放射能をすくなくする道具があるらしいというのは初めて聞きました。
イノシシと人間との関係なんて今まで考えたことがなかったけれど、昔から切っても切れない関係だったんだなとこの本を読んで分かりました。
人間とイノシシ、どちらにとっても住みよい環境が実現することを願います。
(てつじんこさん 30代・ママ 男の子9歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


荒井 良二さんのその他の作品

まよなかのおならたいかい / きょうはそらにまるいつき / チロルくんのりんごの木 / そりゃあもう いいひだったよ / こどもる / ひゃくえんだま



大きくて愉快でだいすきなパパへの気持ちが絵本になりました

ウリンボー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット