タケノコごはん タケノコごはん
文: 大島 渚 絵: 伊藤 秀男  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
故大島渚映画監督と、抜群のリアリティーを放つ絵本作家、伊藤秀男のコラボレーションでつづる「戦争」と「平和」のメッセージ。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
行ってきまぁす!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

行ってきまぁす!

  • 児童書
著者: 升井純子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「行ってきまぁす!」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年07月10日
ISBN: 9784062832267

四六判 ページ数:206

出版社からの紹介

バスとか地下鉄に乗って、いろんなところを見てくるの。だから、ノル、ミル。子どもだけで街に行けるのよ。

子ども向けのスタンプラリーイベントに挑戦する小学4年の歩美(あゆみ)と、陽太(ようた)、佐伯田(さえきだ)君の3人が、それぞれの個性を生かして初めての地下鉄に乗ったり、道に迷ったりと試行錯誤しながらいろいろな発見をし、成長していきます。
途中でお母さんに報告していた計画と違うことをして、『ノルミル』禁止! を言い渡されたりもしますが、子どもだけで出かけることを許してくれるお母さんの意図を歩美が子どもなりに理解して、また「ノルミル」に元気に出かけていくことになります。

子どもが親から少しずつ自立する時期ならではの、わくわくしながらも不安な気持ちが生き生きと描かれています。そして、毎朝の何気ない挨拶「行ってらっしゃい」「行ってきます」にはいろいろな思いがこめられているのだな、と改めて思い出させてくれ、親離れしていく時期こそ、親子の信頼関係が大切だと気がつかせてくれる心温まるお話です。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


升井 純子さんのその他の作品

空をけっとばせ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

行ってきまぁす!

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット